お知らせ
ホワイトニング
審美歯科(差し歯、詰め物)
入れ歯治療
予防歯科
歯周病治療
ホワイトニング
審美歯科(差し歯、詰め物)
入れ歯治療
予防歯科
歯周病治療

歯周病 歯が揺らぐ

2017年5月31日

こんにちは。

笛吹市一宮町の歯医者 小泉歯科医院です。

歯周病の治療を放置していると歯が揺らぎ始めてしまい、上手く噛めないという症状が生まれ、噛める位置を探しておかしな位置で噛んでいると他の健全な歯に負担をかけるだけでなく、顎の関節に異常を発症したりします。

地面に打ち込まれている杭の周囲の土が痩せてひび割れし始めてる状態で杭を揺らし続けていればやがて杭は抜けてしまいます。歯が揺らぎ始めるということは歯根の周囲にあるはずの顎の骨(歯槽骨)が失われてきている証拠です。

では、どのようにすれば歯の周りの歯槽骨を失わずにいられるか?

それには、噛み合せが均一に噛める様に整え、歯の周りに汚れを溜めないことが重要です。噛み合せを整えることはご自分では出来ませんので歯科医院を受診して行うことになりますが、歯磨きは日々の生活の中でご自分で出来ることです。それでも歯の周囲には歯石が付着します。歯に付着した歯石は歯ブラシでは取り除くことは出来ませんので定期的に歯科医院を受診してお掃除をしてもらい口腔内の環境を整えてもらうことをお勧めします。

定期的な口腔内検診を当歯科医院では推奨しておりますので、お口の中のことで何かお困りのことがありましたら、お気軽に当歯科医院までご相談ください

↑PageTop