お知らせ
ホワイトニング
審美歯科(差し歯、詰め物)
入れ歯治療
予防歯科
歯周病治療
ホワイトニング
審美歯科(差し歯、詰め物)
入れ歯治療
予防歯科
歯周病治療

虫歯予防週間3

2017年6月7日

こんにちは。

笛吹市一宮町の歯医者 小泉歯科医院です。

小学校でも毎年、歯科検診を行うと思いますが、健診で虫歯が無いと報告されても安心できません。何故なら、生え変わったばかりの永久歯は表面が柔らかく虫歯になりやすい状態ですので虫歯になる前に歯医者に行くことが大切です。乳歯から永久歯への生え変わりの時期は、子供も歯を磨きにくいので、どうしても磨き残しが出てきます。まめな歯科検診をお勧めします。

歯科医院で行う歯科検診は虫歯の早期発見だけでなく、歯並びや生え変わりに問題がないか確認してもらうことができます。

歯の表面には複雑な溝があります。この溝を埋めることで歯ブラシの届きにくい歯の溝からできやすい虫歯を予防する処置で予防填塞(シーラント)という処置があります。この処置は歯を削らずに歯の溝をプラスティックで埋めるだけです。

子供は歯磨きがまだ上手ではないので、虫歯になりやすい未熟な永久歯を守るのに効果的です。強く噛んだ時に外れてしまうこともありますが、また埋め直すことができます。

シーラントにはそれぞれ適した時期があります。歯の生え変わりは個人差がありますが目安までにご紹介します。

  • 4歳〜5歳 乳歯
  • 6歳 6歳臼歯
  • 7歳〜8歳 前歯の裏の窪んでいる部分
  • 9歳〜12歳 その後生えてくる永久歯 

ただし、シーラントはあくまでも毎日の歯磨き習慣の補助です。
虫歯に絶対ならないわけではありませんので、シーラントが剥がれてしまい虫歯が出来ていないか確認するためにも定期的な歯科検診をお勧めします。

 

 

 

↑PageTop