お知らせ
ホワイトニング
審美歯科(差し歯、詰め物)
入れ歯治療
予防歯科
歯周病治療
ホワイトニング
審美歯科(差し歯、詰め物)
入れ歯治療
予防歯科
歯周病治療

入れ歯4

2017年6月23日

こんにちは。

笛吹市一宮町の歯医者 小泉歯科医院です。

今までにも何度かここに記してきましたが、自分の歯と同様に、入れ歯も毎日のお手入れが必要です。お手入れを怠ってしまうと、お口だけでなく全身に悪影響を及ぼすこともあります。

入れ歯のお手入れは、出来れば毎食後おこなうことが望ましいです。

手順は

水やぬるま湯を使用
熱いお湯は入れ歯が変形する恐れがありますので、水やぬるま湯で行うとよいでしょう。
破損しないように注意
入れ歯は、落とすと欠けたり割れたりしやすいものが多いので、取り扱いには注意しましょう。お手入れ中の破損を防ぐために、あらかじめ洗面器やプラスチックの容器などに水をはった上で行いましょう。
毎食後にお手入れ
できれば毎食後に入れ歯を外し、お口の中と入れ歯のそれぞれをお手入れしましょう。

自分の歯がある場合のお手入れ方法

 バネ(クラスプ)をかけている歯は、汚れが溜まりやすくなるので、丁寧にブラッシングするようにしましょう。

自分の歯が無い場合のお手入れ方法

 歯茎に食べカスやプラークが付着していることもありますので、入れ歯を外した際にうがいをしましょう。

             

 

入れ歯が汚れたまま使い続けると歯肉を傷つけたり、入れ歯の不具合の原因になることがあります。入れ歯も経年劣化を起こすと割れやすくなり変色や臭いも気になり出したり噛み難くなることがありますので、歯科医院での定期的な調整をお勧めします。

↑PageTop