お知らせ
ホワイトニング
審美歯科(差し歯、詰め物)
入れ歯治療
予防歯科
歯周病治療
ホワイトニング
審美歯科(差し歯、詰め物)
入れ歯治療
予防歯科
歯周病治療

子供の虫歯治療4

2017年6月30日

こんにちは。

笛吹市一宮町の歯医者 小泉歯科医院です。

皆さんは御存知と思いますが、人の歯は乳歯から永久歯へと成長期に1度しか生え変わりません。つまり、永久歯が抜けてしまうと次の歯は生えてこないということです。

しかし、乳歯が虫歯になって抜けてしまっても永久歯が次に生えてくるから良いわけではありません。

乳歯がきちんと生え揃うのはだいたい2歳半過ぎ頃ですが、徐々に硬い固形物が食べられるようになることで顎の成長が進みます。顎の成長が進むと歯と歯の間に隙間が出来て乳歯より大きい永久歯に生え変わる準備が始まるのですが、乳歯に虫歯を作ってしまい噛み合せ難くなってしまうときちんとした顎の成長が行えなくなり、このことは身体の成長にも影響することになります。ですから、成長期の乳歯には大切な役割があるのです。

                 

子供さんが自分で歯磨きを行ったあとは親御さんが必ず仕上げ磨きを行い虫歯予防とお口の中の確認を行ってあげてください。そして、お子さんのお口の中のことでお気づきのことや何かお困りのことがありましたら、お気軽に当歯科医院までご相談ください

↑PageTop