お知らせ
ホワイトニング
審美歯科(差し歯、詰め物)
入れ歯治療
予防歯科
歯周病治療
ホワイトニング
審美歯科(差し歯、詰め物)
入れ歯治療
予防歯科
歯周病治療

歯が沁みる3

2017年7月12日

こんにちは。

笛吹市一宮町の歯医者 小泉歯科医院です。

暑い日が連日続いてますが、冷たいものを口に含むとキーンと歯が沁みたりすることが増えてませんか?

前回までに原因として(・虫歯・歯周病 )などを挙げてきましたがそれ以外の原因として歯の摩耗や亀裂が考えられます。

歯ぎしりや歯のくいしばりが強い方は歯の表面が削れたり、歯の根元が削れて歯がしみることがあります。歯の根元に歯ぎしりで応力が集中し、歯の根元の部分が砕け、楔(くさび)のように削れてきます。昔は歯の磨きすぎで削れていると思われていました。楔のように削れた根元は歯の神経に近くなり、歯がしみるようになります。

歯が割れ、亀裂が神経まで広がっていると歯が沁ていつまでも痛みが続きます。歯の神経が残っている歯に歯ぎしりや食いしばり、硬いものを噛んでしまった時に歯が割れて、亀裂が神経まで達することがあります。亀裂から細菌が感染したり、冷たいものがしみたりします。虫歯もなく知覚過敏の症状がいつまでも取れない場合は歯の亀裂の可能性が高いです

           

歯が沁みて痛みを感じるときは放置せずにきちんと原因を調べて治療することをお勧めします。お口の中のことで何かお困りのことがありましたら、お気軽に当歯科医院までご相談ください。

↑PageTop