お知らせ
ホワイトニング
審美歯科(差し歯、詰め物)
入れ歯治療
予防歯科
歯周病治療
ホワイトニング
審美歯科(差し歯、詰め物)
入れ歯治療
予防歯科
歯周病治療

歯科麻酔について

2017年7月24日

こんにちは。

笛吹市一宮町の歯医者 小泉歯科医院です。

歯医者に治療に行くのが好きな人は多くありません。

その理由のひとつに麻酔があります。

歯の神経は象牙質という無機質の組織に覆われています。その外側をエナメル質という硬い組織に覆われていますが、虫歯になるとこのエナメル質が溶かされ、様々な刺激が神経に伝わりやすくなるために痛みを感じるようになります。

             

虫歯を治療するためには齲蝕で汚れた部分(感染した部分)を取り除く時に痛みを伴うので、治療中の痛みをなくす手段として、歯茎に注射をする「局所麻酔」を行います。これは、歯を抜くときも同様です。 

             

           表面麻酔を歯肉に塗ってます         歯肉に麻酔の注射をしています

歯科麻酔の注射は皮膚に注射される時に比べて痛く感じることが多いですが、注射の痛みを和らげるために歯肉表面へ事前に塗布する表面麻酔も浸透性がよくなっていますのし、近年では針の刺入の痛みを和らげる細い針も開発されていますので出来るだけ麻酔時の痛みを少なくした治療が受けられるように当歯科医院では心がけています。お口の中のことで何かお困りのことがありましたら、お気軽に当歯科医院までご相談ください、

 

 

↑PageTop