お知らせ
ホワイトニング
審美歯科(差し歯、詰め物)
入れ歯治療
予防歯科
歯周病治療
ホワイトニング
審美歯科(差し歯、詰め物)
入れ歯治療
予防歯科
歯周病治療

虫歯予防4

2017年8月12日

こんにちは。

笛吹市一宮町の歯医者 小泉歯科です。

歯ブラシ以外の歯磨きの道具としてデンタルフロス(糸ようじ)を紹介してきましたが、ではどのタイミングで使うのが良いかというと一般的には歯ブラシでのブラッシング後をおすすめしています。ブラッシング前に行った場合、汚れを歯の間に押し込んでしまうことがあるからです。また、デンタルフロスを行う時間帯は朝昼夜の中だと、夜の寝る前がおすすめです。夜の寝ているときに、一番細菌が繁殖するので、寝る前に汚れを落としましょう。

歯と歯の間のお掃除の道具にはデンタルフロス(糸ようじ)と歯間ブラシがありますがそれぞれの使い分けが必要です。

・デンタルフロスの使用目的は 『虫歯予防』 歯と歯の接している部分の掃除

・歯間ブラシの使用目的は 『歯周病予防』歯と歯の間の歯肉の周りのお掃除

          

歯間ブラシには個人個人の歯にあった使用法があります。自己流で行っても充分な効果が期待できないので、歯医者さんに相談してから使用するようにしましょう。

お口の中のことで何かお困りのことがありましたら、お気軽に当歯科医院までご相談ください。

↑PageTop