お知らせ
ホワイトニング
審美歯科(差し歯、詰め物)
入れ歯治療
予防歯科
歯周病治療
ホワイトニング
審美歯科(差し歯、詰め物)
入れ歯治療
予防歯科
歯周病治療

歯 亀裂

2017年8月21日

こんにちは。

笛吹市一宮町の歯医者 小泉歯科です。

ある日、自分の歯を鏡でチェックしていると、歯に「ひび」があるのを発見! 不安になる方もいると思います。しかし、実際に歯に亀裂があったとしても、痛みを感じないことが多いはずです。亀裂が歯の深い部分まで達しなければ痛みを感じることはないのです。

しかし、もしもあなたの歯にひびが入って痛みを伴っているとすれば、一度、歯医者さんに診てもらうことをおすすめします。

歯の表面のひびの原因には、日頃の「歯ぎしり」や「食いしばり」が引き起こしている可能性があります。あなたに歯ぎしりの癖があるならば、歯ぎしりするたびに歯に力が加わるので、ひびはもっと広がってしまいます。最初は浅かったひびが深くまで達し、痛みを感じるようになってしまいます。

歯ぎしりは自分の知らないうちにしてしまう行為です。夜寝ているときに無意識に歯ぎしりしていることがあるそうです。歯ぎしりをしてしまう原因ははっきりとはわかりませんが、ストレスが関わっているという説が一般的です。何か精神的に自分を追い込んでしまい、自然と歯を食いしばるような生活をしていると、歯にとっては良くない影響をもたらすといえます。食いしばることで奥歯に強い力が加わり、奥歯にひびが入るケースが多いとされます。

                   

            歯の表面に亀裂が生じ、やがて歯根にまで達してしまうこともあります

 

 

朝起きると顎が疲れた感じがあったり歯の表面に亀裂が増えたりしてる人は歯ぎしりをしてるかもしれませんのでお気軽に当歯科医院までご相談ください 。

↑PageTop