お知らせ
ホワイトニング
審美歯科(差し歯、詰め物)
入れ歯治療
予防歯科
歯周病治療
ホワイトニング
審美歯科(差し歯、詰め物)
入れ歯治療
予防歯科
歯周病治療

歯 亀裂2

2017年8月22日

こんにちは。

笛吹市一宮町の歯医者 小泉歯科です。

自分が気が付かない間に歯ぎしりや喰いしばりをしてしまい、歯の表面に亀裂が入ってしまうことがあります。また、歯の神経をとってしまい詰め物をして変色している歯は亀裂が入りやすいです。

歯ぎしりや喰いしばりは歯周病を進行させる原因にもなりますので歯の表面に亀裂を見つけたら痛みが無くても歯科医院を受診されることをお勧めします。

歯ぎしりを治すには、基本的にストレスを溜めないことが一番です。人それぞれ生活環境が違うので、すぐにストレスフリーの生活を送るのは難しいといえます。ただ、ストレスを溜め込み過ぎないようにするには、自分なりに発散できる趣味などを見つけることです。悩み事などを誰かに相談したりして自分の中に溜めこまないようにしましょう。

歯ぎしり治療の具体例としては、まず最初に口の中をチェックして、どのような状態になっているかを確認します。

歯ぎしりを治すために、ストレスを溜めないアドバイスもしています。そして、患者さんの歯に合わせてマウスピースを作り、それを夜寝るときなどに装着することで歯ぎしりによる歯のダメージを防ぐ治療を行います。マウスピースは保険治療が適用されるますので気になる方は当歯科医院までご相談ください。

↑PageTop