お知らせ
ホワイトニング
審美歯科(差し歯、詰め物)
入れ歯治療
予防歯科
歯周病治療
ホワイトニング
審美歯科(差し歯、詰め物)
入れ歯治療
予防歯科
歯周病治療

歯 亀裂4

2017年8月25日

こんにちは、

笛吹市一宮町の歯医者 小泉歯科です。

ある日,自分の歯の表面に亀裂が入ってることに気がついたことはありませんか。

原因は様々ですが、噛む力というのは思っている以上に強いものです。瞬間的な力がある一点にかかることで、ピンポイントで負担がかかります。その歯にヒビが生じ、広がってきてしまうというわけです。全体の噛み合わせの調整で一点だけの負担を軽くし、全体で負担させるよう歯医者さんを受診して診てもらいましょう。

虫歯が進行して痛みを発症してしまうので歯の神経を抜くと、歯には寿命が出来てしまいます。神経や血管から栄養が来ない事で死にゆく歯になってしまうのです。神経のない歯は、どんどん脆くなってしまいます。歯のたんぱく質が変性して色も変わり、強度も著しく下がります。そんな状態のところに他の歯の負担や外傷が加われば、ヒビが入る可能性が大いに高まります。表面のヒビだけでなく、歯根破折といって歯が割れてしまっている可能性が高い状態です。神経を残すための治療が高まっているのはこのためです。

歯をぶつけたりしたりして歯の表面に亀裂が生じたり、普通の生活の中で歯の表面の亀裂を見つけたら痛みがなくても早めに歯科医院を受診することをお勧めします。

お口の中のことで何かお困りのことがありましたら、お気軽に当歯科医院までご相談ください。

↑PageTop