お知らせ
ホワイトニング
審美歯科(差し歯、詰め物)
入れ歯治療
予防歯科
歯周病治療
ホワイトニング
審美歯科(差し歯、詰め物)
入れ歯治療
予防歯科
歯周病治療

酸食歯

2017年9月8日

こんにちは。

笛吹市一宮町の歯医者 小泉歯科です。

先日、ネットニュースに突然に流れた「酸食歯」ってご存知ですか?

酸食歯は突然なる症状ではありません。毎日の食べる食材に含まれる「酸」が、エナメル質を弱くして、すり減りやすくします。エナメル質が弱くなってすり減ると、一目でわかるほど、歯は薄くなります。エナメル質が薄くなると、歯の先端が透けて見えます。エナメル質が薄くなって、内側の象牙質が透けてくると、歯が黄ばんで見えます。エナメル質がすり減ると、光沢を失い、歯が濁って見えます。

これらの状態は徐々に進行します。
そして、歯の表面を保護するエナメル質が失われ、内側の象牙質がむき出しになることによって、歯が敏感になり、シミることがあります。
「酸蝕歯(さんしょくし)」のことを考えたケアを今日からはじめましょう!

                                         

 

 

↑PageTop