お知らせ
ホワイトニング
審美歯科(差し歯、詰め物)
入れ歯治療
予防歯科
歯周病治療
ホワイトニング
審美歯科(差し歯、詰め物)
入れ歯治療
予防歯科
歯周病治療

昔の入れ歯

2017年11月24日

こんにちは。

笛吹市一宮町の歯医者 小泉歯科です。

今では歯を失うと入れ歯をいれることが当たり前ですが、人骨の化石からインプラントは紀元前3000年位前から施されていることはわかってますが入れ歯はいつの時代からあるか御存知ですか?

日本で一番古いとされている入れ歯は木製で使っていたのは平安時代の尼僧のものが残っており、櫛などに使われる黄楊(つげ)の木を手掘りしたもので、奥歯の部分は摩耗してることから使われていたことが想像できるそうです。

日本独特の木彫りの義歯は江戸時代には一般庶民にも使われていたそうです。

ヨーロッパではバネ付の義歯が用いられたそうですがとても異物感が大きかったであろうことが写真をみても想像できます。

生涯、自分の歯で美味しく食事が摂れることを目標にし、定期的な口腔ケアをお勧めします。

また、入れ歯を使っている人も定期的な調整をすることでお口の中の環境を維持することに努めましょう。

 

↑PageTop