お知らせ
ホワイトニング
審美歯科(差し歯、詰め物)
入れ歯治療
予防歯科
歯周病治療
ホワイトニング
審美歯科(差し歯、詰め物)
入れ歯治療
予防歯科
歯周病治療

歯間ブラシ2

2018年1月31日

こんにちは。

笛吹市一宮町の歯医者 小泉歯科です。

日頃から歯磨きをしていても歯の周りに付着してしまう汚れ。

磨き残しがそのままだと虫歯や歯周病に進行しちゃいますが虫歯になりやすい部分は大きく分けて3カ所です。

・奥歯の噛み合わせ部分(大臼歯の溝)

・歯と歯の隙間

・歯と歯茎の間

歯ブラシは歯の表面の汚れを取るのに適していますが、歯と歯の間や、歯と歯茎の間には毛先が届きにくく、きれいに汚れを落とすことはできません。歯ブラシだけのお手入れでは、60%程度しか汚れを落とせないことが分かっています。

          

歯と歯の間はデンタルフロス、歯と歯茎の間は歯間ブラシで汚れを落としていくことが必要で、歯ブラシと併用することにより、プラークを90%以上も除去することが可能なのです。特に加齢や歯周病により歯茎が下がってくると、歯と歯茎の間の隙間が広がっていくため、歯ブラシと併せて歯間ブラシでもケアをしてあげることが大切になってきます。

歯磨きは自分の歯並びに合った磨き方を覚えてもらうとより効果的です。

当歯科医院では衛生士さんによる歯磨き指導を個別に受けられますのでお気軽にご相談ください。

↑PageTop