お知らせ
ホワイトニング
審美歯科(差し歯、詰め物)
入れ歯治療
予防歯科
歯周病治療
ホワイトニング
審美歯科(差し歯、詰め物)
入れ歯治療
予防歯科
歯周病治療

赤ちゃんの歯磨き

2018年2月17日

こんにちは。

笛吹市一宮町の歯医者 小泉歯科です。

離乳食をあたえはじめると、「歯磨きはどうしたらいいのだろう…」と疑問を感じているお母さんがたも多いのではないかと思います。実は、生え始めの赤ちゃんの歯はガーゼで磨くだけで十分きれいになるといわれています。

赤ちゃんの歯が生える時期はかなりの個人差がありますが、一般的には生後6ヶ月に下の前歯が生えてくる子が多く、離乳食もその時期から始めるお母さんが多いです。このくらいの生え始めの時期は、ゴシゴシ磨かず、ガーゼで優しくぬぐってあげるだけで十分なのです。その理由としては、赤ちゃんのよだれが生え始めの歯をしっかりと守っているからです。

いきなり歯ブラシで歯をみがくと、赤ちゃんに不快感を与えてしまい歯磨きを嫌いになってしまう原因になります。

ガーゼ磨きから歯ブラシに移行するときは、お子さんの様子を見ながら上手にすすめていきましょう。

お父さんお母さんが歯磨きをしてあげながら赤ちゃんの好きな歌を歌ってあげるのも効果的です。そして、赤ちゃんが歯磨きを上手に出来ていることをほめてあげてください。

 

↑PageTop