お知らせ
ホワイトニング
審美歯科(差し歯、詰め物)
入れ歯治療
予防歯科
歯周病治療
ホワイトニング
審美歯科(差し歯、詰め物)
入れ歯治療
予防歯科
歯周病治療

本日は8月29日歯肉(はにく)の日ですね

2016年8月29日

こんにちは

笛吹市一宮町の歯医者 小泉歯科医院です

今日、8月29日は、ごろ合わせですが、歯肉(はにく)の日です。 😀 

歯肉とは歯の根元にある、一般的には歯茎とよばれるピンク色の粘膜のことです。

この粘膜が綺麗なピンク色に見えるのは、粘膜の中の毛細血管に、酸素をたっぷり含んだ、新鮮で綺麗な血液が流れている証拠です。

でも、歯の周りに食べかすや磨き残しなどの歯垢や、それが硬くなって歯に付着してしまった歯石が永い間放置されていると、歯の周囲の歯肉が圧迫されてしまい、毛細血管が圧縮され、血液の流れが悪くなってしまいます。

血液の流れが悪くなるとその部分は酸素の少ない、新鮮でない血液が溜まってしまいうっ血した状態になり、この状態が長く続くと赤く腫れた歯肉炎の状態になってしまい、痛みや噛み難いという症状が出現してしまいます。このまま放置すると口臭の原因や歯槽膿漏とよばれる歯周病へと移行してしまい、歯肉が腫れて痛いだけではなく、歯の周りの骨が破壊され、歯が揺らぎ始めてしまい、やがては歯が抜けてしまうという結果になってしまう場合があります。(汚れの付着した部分から歯肉は離れたいので歯肉の退縮という症状へと移行してしまいます)

perio1-3

このようなことにならないためには正しい歯の磨き方を身につけていただくことがとても大切な生活習慣となってきます。

どんなに丁寧に歯ブラシで歯を磨いていても、歯並びや歯の磨き方の癖などで、残念ながら磨き残しが出来てしまう場合があります。歯石が、歯の周りに付いてしまうと歯ブラシでは取れませんので機械を使って取り除いてあげることが必要です。

虫歯や歯周病の進行は身体の病気も防ぎ、早期発見早期治療をすることで生活しやすい健康的な身体を維持することが出来ます。

皆様が、おいしい生活を長く維持していただくために、お口の中に痛みなどの症状がなくても、定期的なお口の中の検診とクリーニングをお勧めします。

当医院では、患者さんがお仕事帰りにもお立ち寄りいただけやすいように、平日(月、火、水、金曜日)は夕方6時30分まで受け付けをおこなっております。また、土曜日も、午後5時まで受け付けを行っています。お気軽にご来院ください。

 

 

 

タグ: , , ,

↑PageTop