お知らせ
ホワイトニング
審美歯科(差し歯、詰め物)
入れ歯治療
予防歯科
歯周病治療
ホワイトニング
審美歯科(差し歯、詰め物)
入れ歯治療
予防歯科
歯周病治療

歯周病の治療

2018年6月4日

こんにちは。

笛吹市一宮町の歯医者 小泉歯科です。

「硬いものを食べた時、歯に痛みを感じるようになった。」
「歯を磨いていたらよく血が出る。」

こんな経験をしたことはありませんか?

「でも、普段ずっと痛みを感じているわけじゃないし、まだ様子をみていても大丈夫なんじゃないか…」といった油断は禁物です。

もしかすると、すでに 歯周病の諸症状 が現れているかもしれません。

自覚症状がない方も要注意!
別名「サイレント・ディジーズ (静かなる病気)」
 
実は歯周病は「痛み」などの自覚症状が出にくく、知らない間に症状が大きく進行していることもあります。

そのため「お口の中のサイレントディジーズ(静かな病気)」とまで呼ばれています。

 ちなみに歯科疾患実態調査によると、15歳以上の約32.6% の人が歯周病にかかっており、これを患者数に換算するとなんと 3700万人以上!
「約3人に1人が歯周病にかかっている」 と言われています。

このことから歯周病は、意外と身近な病気であることがわかります。
そのため、今痛みを感じているとしたら歯周病にかかっている可能性を疑った方がよいかもしれません。

歯肉に腫れや痛みを感じたら放置せず早めに歯科を受診し、歯を失わない様に治療を受けることをお勧めします。
↑PageTop