お知らせ
ホワイトニング
審美歯科(差し歯、詰め物)
入れ歯治療
予防歯科
歯周病治療
ホワイトニング
審美歯科(差し歯、詰め物)
入れ歯治療
予防歯科
歯周病治療

歯ブラシ2

2018年6月16日

こんにちは。

笛吹市一宮町の歯医者 小泉歯科です。

一般的に皆さんが歯磨きにするのに使われているのは歯ブラシですよね?

そもそも歯磨きの目的は、プラーク(歯垢)の除去。虫歯や歯周病、口臭など様々な歯のトラブルの原因となるプラークを、歯ブラシでこすることによって摩擦を与えて取り除くことです。

その目的を達成するために最も重要なのは、歯ブラシの硬さ。しかし、単に「硬い方が良い」というわけではありません。実は、人によって向いている歯ブラシの硬さは違います。

・かため

「かため」の歯ブラシは、歯と歯肉が健康で、歯磨きに刺激を求める人にオススメ。実際、プラークの粘着部分をキレイにするためにはある程度の硬さが必要です。しかし、同時に歯茎を傷つける恐れもありますので、気を付けましょう。

また、硬い歯ブラシでゴシゴシこすり過ぎると、歯が削れたり、知覚過敏の原因になったりすることもあります。

・ふつう

多くの方にとって、歯ブラシの硬さは「ふつう」が一番良いとされています。実は、歯茎を傷つけずにプラークの粘着をはがすことができる、ちょうどいい硬さなのです。

昔は「硬い歯ブラシでゴシゴシ磨けば、歯肉が鍛えられる」と言われた時代もありましたが、今はそんなことを言う歯医者さんはほとんどいません。

・やわらかめ

本来の歯磨きの目的を考えると、「やわらかめ」の歯ブラシは普通の人には少々頼りなく感じるでしょう。毛先が滑りやすく、プラークを落としにくいからです。

ただし、歯茎に炎症を起こしている人や出血がひどい人には、刺激の少ないこちらの歯ブラシの方が向いています。

毛先のかたい歯ブラシを使ってる人は毛先の硬さを「ふつう」「やわらかめ」に変えるとより強く磨くことが多いので注意しましょう。

 

↑PageTop