お知らせ
ホワイトニング
審美歯科(差し歯、詰め物)
入れ歯治療
予防歯科
歯周病治療
ホワイトニング
審美歯科(差し歯、詰め物)
入れ歯治療
予防歯科
歯周病治療

歯肉の退縮

2016年8月31日

こんにちは

笛吹市一宮町の歯医者 小泉歯科医院です。

皆さんは歯磨きをする時などにお口の中を鏡で見ることはありませんか?

「近頃、歯肉が下がってきて歯の根元が長くなってきたなぁ」 とか 

「最近、歯の根元が凍(し)みるなぁ」 とか感じたことはありませんか?

それは、もしかすると歯肉の退縮によるものかもしれません。

歯肉の退縮には様々な原因があります。

歯の周りの汚れ(歯垢、歯石、etc.)、歯並び、歯磨きの仕方、虫歯の放置、被せものの形態、加齢などいろいろなことが歯肉の退縮の原因としてあげられます。

歯肉移植術前11476297771586534  

       

4_1_2

歯肉の退縮は、残念ながら、歯の周りの骨が減っていることを意味することが多いです。歯肉の退縮が進むと、温度差の大きい食事(熱いものを食べた直後に冷たいものを食べる、あるいはこの逆や冷たいものを食べ続ける)をした時や、場合によっては冷たい風が歯に当たっただけでも知覚過敏の症状が発現します。また、歯が動揺し始めると、かみ合わせがおかしい、うまく噛み切れないなどの歯槽膿漏の症状も出現することもあります。

この様な状態で強く横磨きをし続けると、歯の痛みが強くなり、歯の中の神経の治療が必要になることもあります。

歯の根の中の治療は、治療に通う回数が増えてしまいますし、歯周病の治療も1,2回で終わるわけではありません。自覚症状が出始まる前に、治療をお勧めします。

ichi_07_03_08001 ho-tuchihashihiro1%201986_7_24

上の写真の様な、歯茎の辺りがくびれた様な状態で痛みがない、あるいは、あまり痛みを感じない程度の症状でしたら、歯の表面の汚れを取り除いてから、歯と同色のレジンという材料で修復治療を行うことで歯の痛みの症状を改善することが出来ます。この治療は、麻酔を使わずに歯の汚れの部分だけを取り除いて(極力、歯を削らない)、治療中の痛みの少ないレーザー治療を当医院では導入しております。( 保険内治療です)resin

 

歯肉の退縮によって歯の根元が露出してしまいますと歯肉の位置を戻すことは困難です。今後は、歯肉の退縮が進まないようにするために、歯の周りに汚れを溜めないために、ご自分に合った歯磨き方法を体得していただき、歯磨きを改善することで、歯肉の退縮が進まないようにしていくことが大切です。また、頑張って磨いていても歯の周りに付着してしまった歯石は、残念ながら歯ブラシでは取り除けません。定期的な歯科検診を受けてお口の中のクリーニングをしましょう。

当医院では、お勤め帰りにも来院し易いように、月、火、水、金曜日の夕方6時30分、土曜日は夕方5時まで受け付けを行っています。ご気軽にご来院ください。

 

↑PageTop