お知らせ
ホワイトニング
審美歯科(差し歯、詰め物)
入れ歯治療
予防歯科
歯周病治療
ホワイトニング
審美歯科(差し歯、詰め物)
入れ歯治療
予防歯科
歯周病治療

親知らず2

2018年7月7日

こんにちは。

笛吹市一宮町の歯医者 小泉歯科です。

親知らずは抜いた方がいいですか?と患者さんから聞かれることがありますのでお答えします。

親知らず周囲の歯肉が繰り返し腫れたり手前の大臼歯が痛みを感じたり、口を大きく開け難かったり、歯科矯正中だったりする場合は親知らずの抜歯が必要になりますが、特に何も症状がない場合は積極的に抜歯をする必要性はありません。

しかし、自分の状態だけは知っておいた方が良いので歯科でレントゲン検査をして、状態だけは確認しておくことをお勧めします。

また、女性の場合は、今のところ特に症状がなくても妊娠中に親知らずの周りの歯肉が腫れることがありますし、妊娠中はホルモンのバランスで妊娠性歯周炎になったり、口臭が強くなったり、歯質からカルシウムが脱灰しやすい為虫歯になったり、親知らず周囲が炎症を起こしたりと歯科の医学的な事からいうと、とてもリスクが高いので、妊娠前に親知らずを抜歯しておくことを お勧めします。

 

タグ:

↑PageTop