お知らせ
ホワイトニング
審美歯科(差し歯、詰め物)
入れ歯治療
予防歯科
歯周病治療
ホワイトニング
審美歯科(差し歯、詰め物)
入れ歯治療
予防歯科
歯周病治療

歯周病の予防と喫煙

2016年9月2日

 こんにちは

笛吹市一宮町の歯医者 小泉歯科医院です。

歯の病気と聞いて虫歯を思い浮かべる方が多いと思いますが、本当に用心しなければいけないのは歯周病です。日本人の約8割が歯周病の予備軍で、高齢者では半数以上が実際に歯周病にかかっています。

ですから、本当に怖いのは歯周病なんです!!

img_basic02_01b perio_flow

歯周病は歯を支える歯茎や歯の周りの骨が歯周病菌によって壊される病気です。歯周病が進行すると、歯が抜け落ちてしまいますが、虫歯以上に初期の段階ではほとんど自覚症状がありません。そのために気づいたときには手遅れになっていることが多く、歯を失う原因の第1位が歯周病なのです。

shoumenn

喫煙が高める歯周病のリスク

歯周病の直接の原因は、歯の周りに付着した歯垢(プラーク)です。歯垢の中では歯周病菌が増殖して毒素を出し、炎症を起こしたり骨を溶かしたりしています。歯垢が硬くなり歯にはり付いたものが歯石です。歯周病を防ぐためには、正しい歯磨きによって歯の周りに付着している歯垢を取り除くのが必須ですが、もう一つ注意しなければいけないことがあります。

それが、歯周病と喫煙の関係。多くの研究で、喫煙者は歯周病の進行が加速し、治療にも悪影響を及ぼすことが明らかにされています。

tabako04

きつきb23_1

 

喫煙は他の生活習慣病の原因にも、あなたの周りに生活しているご家族の健康を損なう原因にもなるので、一刻も早い禁煙をお勧めします。

治療方法としては、歯周病の初期段階でしたら、歯の周りの汚れを取り除き、歯磨きの方法の改善指導を行い、歯の被せ物の不適合や形態を改善することで歯周病の進行を止めることが出来ますし、治療回数も少なくなります。

ex01

歯周病の症状が中等度以上に進行してしまっている場合は、歯の根の周りに付着している汚れの除去や歯がグラグラ動いてしまっている場合は、健康な隣在歯と固定することで歯の動揺をなくし、歯が抜け落ちる予防を施します。そして、歯磨きの方法の改善指導を行い、定期的に様子をみさせていただいて、これ以上の歯周病の進行予防を行っていきます。

shisyubyou_beforeafter-e1411015917182

 

歯の健康を長く保つことは、元気で健康的な生活を送れるということです。

患者さんの希望に合った治療計画をたて、ご説明をし治療を行うことで、皆様が末永くご自分の歯で美味しい生活が送り続けられるように、当医院では、そのお手伝いをさせていただきたいと思います。

ご都合のよろしい時に、ご気軽にご来院ください。

 

↑PageTop