お知らせ
ホワイトニング
審美歯科(差し歯、詰め物)
入れ歯治療
予防歯科
歯周病治療
ホワイトニング
審美歯科(差し歯、詰め物)
入れ歯治療
予防歯科
歯周病治療

妊娠

2018年8月31日

こんにちは。

笛吹市一宮町の歯医者 小泉歯科です。

昔は「一子を得ると一歯を失う」といわれたこともあります。今でも「妊娠すると歯周病になりやすい」とか「出産すると歯が悪くなる」という話を聞きます。確かに、妊娠によってむし歯や歯周病のリスクは高くなりますが、適切なお口のケアによって予防することも可能です。妊娠期の歯・お口の健康を保ち、安心して出産を迎えてほしいと思います。

妊娠初期はつわりで嘔吐することが多く、こまめにお口の中を水でゆすがないと胃酸が口の中に残りむし歯になりやすくなります。また、妊娠中は抵抗力が胎児に集中するのでお母さんが口腔ケアを怠ると歯周病になる傾向にあります。

日頃からお口の中のケアを大切にし、安心して出産が出来る様に心がけてください。

↑PageTop