お知らせ
ホワイトニング
審美歯科(差し歯、詰め物)
入れ歯治療
予防歯科
歯周病治療
ホワイトニング
審美歯科(差し歯、詰め物)
入れ歯治療
予防歯科
歯周病治療

歯触り

2018年10月5日

こんにちは。

笛吹市一宮町の歯医者 小泉歯科です。

歯ざわり」という言葉をきいたことありませんか?

辞書で引くと「噛んだときの感触噛みごたえ。噛んだときの歯の感じ。」とあります。

歯触りや歯応えは味覚に大きく影響を与えます。

歯が歯槽骨に覆われてしっかりしていないと満足な歯応えをえられませんし、力を入れた時にしっかり歯が喰いしばれないと力を出し切れません。入れ歯がしっかり噛めないのも同様です

歯の表面がざらざらしていると舌触りが悪くて気になるだけでなく食物がひっかかり汚れが溜まりやすく虫歯になりやすいですし舌に傷を負いやすくなります。入れ歯の表面がざらついていると同様なことが起こります。

虫歯治療後に舌で触って歯や入れ歯の表面がざらついていたりする時は歯科医に伝えて滑らかにしてもらいましょう。

歯に歯石が付いていてもざらざらしますが、歯石はある日突然付着するわけではなく尖ったりしていないのでわかり難いとおもいます。逆に、歯石を除去すると歯の凹凸が分かりやすくなり気になる人もいますし、厚い歯石に覆われていると熱遮断されるので、歯石を除去すると知覚過敏症状が出現することもありますが徐々に落ち着くはずですから、熱刺激の少ない飲食に心がけてみてください。様子をみても症状が強くなる時は歯科に相談するようにしましょう。

 

↑PageTop