お知らせ
ホワイトニング
審美歯科(差し歯、詰め物)
入れ歯治療
予防歯科
歯周病治療
ホワイトニング
審美歯科(差し歯、詰め物)
入れ歯治療
予防歯科
歯周病治療

差し歯

2018年10月16日

こんにちは。

笛吹市一宮町の歯医者 小泉歯科です。

差し歯とはむし歯、外傷などによって歯冠部の大部分が失われたときに適用となる人工の歯です。歯根に対して心棒(ポストコア)を差し込む形であるためそう呼ばれます。以前は外観に触れる人工歯と歯根に差し込まれる心棒が一体になっていました(図1)が、今は、心棒と被せる冠は別の材質のものが使われること(図2)が殆どです。

以前は歯根部の治療後に金属で心棒を作ることが主流でしたが、近年は健康保険が適用になったファイバーで補強されたレジンコアは曲げ強度が金属より歯根に近いため、歯根と一体化して歯根の破折を防止でき色も天然歯に近いため、透明感の強い材料を用いて冠を製作する場合には金属のコアを用いるより、審美的に有利ですし金属アレルギーや歯肉縁の黒色変色も起こり難くなります。

        

↑PageTop