お知らせ
ホワイトニング
審美歯科(差し歯、詰め物)
入れ歯治療
予防歯科
歯周病治療
ホワイトニング
審美歯科(差し歯、詰め物)
入れ歯治療
予防歯科
歯周病治療

味覚2

2018年12月18日

こんにちは。

笛吹市一宮町の歯医者 小泉歯科です。

味覚には「甘味」、「酸味」、「塩味」、「苦味」の4基本味覚をはじめとする様々な味覚があります。この味覚を伝達するのが味蕾という舌や上顎後方部(軟口蓋)粘膜にある味覚受容器です。

味蕾は舌では表面の乳頭中に、軟口蓋・咽頭では粘膜直下に存在します。舌乳頭が何らかの原因で萎縮・減少すると味蕾の数も減少し、味覚が減退することとなります。

味覚の異常は大きく2つに分けられます。

  1. 味覚低下(無味覚)
    味覚の減退です。ある特定の味がわからなくなることもありますが、ほとんどは4つの味覚とも低下します。
  2. 異味覚
    異常な味がすること。また常時「渋味」が感じられたり、口腔に異常な味を覚える。 

味覚の低下は原因が様々ですが、強いストレスが原因で唾液の分泌が低下し口腔内の乾燥が原因の場合もありますので、味覚の異常を感じたら早めに口腔外科を受診する様にしましょう。

↑PageTop