お知らせ
ホワイトニング
審美歯科(差し歯、詰め物)
入れ歯治療
予防歯科
歯周病治療
ホワイトニング
審美歯科(差し歯、詰め物)
入れ歯治療
予防歯科
歯周病治療

口の中のがん

2018年12月26日

こんにちは。

笛吹市一宮町の歯医者 小泉歯科です。

口の中にも「がん」ができるのをご存知ですか?しかし、定期的に口の中をチェックすれば、口腔がんは比較的簡単に発見できて、早期治療につながります。

口腔がんの発生に係る要因は数多くありますが、代表的なものは喫煙と飲酒です。これまでの研究では、喫煙者の口腔がんの死亡率は、非喫煙者の約4倍とされ、重度の飲酒もハイリスク因子と考えられています。他にも不潔な口腔衛生状態、適合の悪い入れ歯、歯の鋭縁、ヒトパピローマウイルス(HPV)感染なども原因とされています。

口腔がんのできやすい場所は舌・歯ぐき・頬の粘膜ですが、中高年齢の方は、定期的な口腔内検診をを強くお勧めします。特に、喫煙や飲酒等の習慣がある方は、怪しいと思ったら直ぐに、かかりつけ歯科医や総合病院の歯科口腔外科を受診して下さい。

セルフチェック表

毎月1回、口の中をセルフチェックしましょう!

手順1:明るい光の下で、鏡を使って(入れ歯があれば外して下さい)。

 *唇の内側と下あごの歯ぐきを見て、触って下さい。
 *頭を後ろに傾けて、上あごの歯ぐきとその間を見て、触って下さい。
 *頬の(裏側)の粘膜を見て、触って下さい。
 *舌を前に出して、舌の両脇、舌と歯ぐきの間を良く見て、触って下さい。
 *下あごから首にかけて触って見て下さい。

手順2:良く観察し、チェックしましょう!(口腔がんの実例を写真で示します。)

 *白い斑点や赤い斑点はありませんか?
 *治りにくい口内炎や、出血しやすい傷はありませんか。
 *盛り上がったできものや固くなった所はありませんか?
 *顎の下と首の脇に腫れはありませんか?
 *食べたり飲みこんだりがスムーズにできますか?
↑PageTop