お知らせ
ホワイトニング
審美歯科(差し歯、詰め物)
入れ歯治療
予防歯科
歯周病治療
ホワイトニング
審美歯科(差し歯、詰め物)
入れ歯治療
予防歯科
歯周病治療

薬物アレルギー・薬疹

2019年2月13日

こんにちは。

笛吹市一宮町の歯医者 小泉歯科です。

抜歯後の感染予防や口腔内の炎症などの治療薬として抗生剤を投与することがありますが、稀に、そのお薬が身体に合わないことがあります。この様な時は蕁麻疹が出たり全身がかゆくなったり貧血、呼吸低下などの様々な症状がみられます。原因となる薬剤は抗菌薬、消炎鎮痛薬、抗けいれん薬、痛風治療薬などが多いです。また、薬剤アレルギーは、薬疹と呼称される場合もあり、ある薬が投与されると、その薬に対する抗体が体内で作られ、次に投与されたときに抗体がその薬を攻撃することで、さまざまな症状を引き起こします。また、抗体が関与しない遅延型のアレルギーも起こります。

薬局で購入したり医師から処方されたお薬を服用後に身体に異常を感じたら先ずはその薬の服用を止めて、直ちに薬を持って内科医を受診し、しかるべき治療を受けるようにしてください。

今まで何度か服用していて問題がなかったお薬でも薬物アレルギーを起こすこともありますし、薬物アレルギーを発症したことがある場合は薬名と発症時期を記録し、受診先の医療機関に申し出るようにしましょう。

↑PageTop