お知らせ
ホワイトニング
審美歯科(差し歯、詰め物)
入れ歯治療
予防歯科
歯周病治療
ホワイトニング
審美歯科(差し歯、詰め物)
入れ歯治療
予防歯科
歯周病治療

嫌~な口内炎2

2016年9月10日

こんにちは

笛吹市一宮町の歯医者 小泉歯科医院です。

前回、口内炎について書きましたが、読者の中には入れ歯が当たっていて噛むと痛いという症状がある方もいると思います。また、いつも同じ個所(頬肉。舌、唇の内側など)を噛んでしまう、なんて方もいるかもしれません。このような場合は入れ歯の調整または噛み合せの調整が必要かもしれません。

入れ歯で噛むとあたって痛い」という方は、入れ歯がお口に合っていなくて、義歯が粘膜と擦れている場合が多いです。歯肉と擦れているところは擦過傷の症状になっていますので歯科医院で入れ歯の調整をしてもらうことが必要です。

いつもお口の中の同じ個所を噛んでしまう」という方は噛み合せの調整が必要かもしれません。原因は歯並びが乱れていたり、歯の摩耗、被せ物の不具合、虫歯などが考えられます。

習慣性にお口の中の粘膜に傷が出来て、その部分が繰り返し口内炎になってしまい、治り難い状態が続くと歯肉癌や舌癌に移行してしまう場合もありますので、歯科医院を受診することをお勧めします。

口内炎 

(犬歯が尖っていて習慣性に舌を噛んでしまっている)

 

口内炎が出来やすい方は体質改善をして、口内炎になりにくい、治りやすい身体作りをしてみてください。

治癒力を上げるには、ストレスや身体の疲労を溜めないことです。それには先ず、良質な睡眠をとりましょう。

口内炎はビタミン不足によっても起こると考えられています。口内炎の治療や予防にはビタミンB2やビタミンB6が効果的と言われ、その他にもビタミンC、鉄、亜鉛なども身体の抵抗力を上げる効果あるそうです。では、口内炎予防にオススメの食材をご紹介します。
口内炎予防におすすめ食材】
●ビタミンB2 ・・・ レバー、納豆、アーモンド、きのこ類 等
●ビタミンB6 ・・・ レバー、マグロ、ピスタチオ、焼き海苔 等
●ビタミンC ・・・ 赤ピーマン、キウイフルーツ、カリフラワー、焼き海苔 等
※加熱すると失われやすい栄養素なので、生食がオススメです

●鉄 ・・・ レバー、卵黄、アサリの佃煮、焼き海苔、ひじき 等    ※動物性食品に含まれるヘム鉄の方が、効率よく吸収されます
●亜鉛 ・・・ 牡蠣、レバー、煮干し、松の実 等

近年では、金属アレルギーなども原因のひとつとされています。

金属アレルギーの場合
虫歯の治療や入れ歯に使われている金属に反応している場合には、違う材質のものに変えてもらうようにしましょう。

また、口内炎が出来やすい人は、お口の中を常に綺麗にしておくことも大切です。

2口内炎

 

口内炎でお悩みの方は当歯科医院までお気軽にご来院ください。

タグ: , ,

↑PageTop