お知らせ
ホワイトニング
審美歯科(差し歯、詰め物)
入れ歯治療
予防歯科
歯周病治療
ホワイトニング
審美歯科(差し歯、詰め物)
入れ歯治療
予防歯科
歯周病治療

歯が抜けた

2016年9月12日

  こんにちは

笛吹市一宮町の歯医者 小泉歯科医院です。

これを読まれてる方の中には様々な事情によって歯を失ってしまった方もいるかもしれませんね。

稀に「歯を歯医者で抜かれた」とおっしゃる方がいますが、健康で何でもない歯を歯医者が突然抜くことはありません。歯を失う原因が何かあるはずです。それは、虫歯を治療せずに長いこと放置していたり、外傷を負って歯が折れてしまったり、抜けてしまったり、歯周病を患って歯が揺らぎ、やがて抜けてしまったりと歯を保存出来ない様々な理由があり、そのことを説明しご理解いただいたうえで抜歯させていただきます。

歯を抜くと歯があった箇所の骨に穴が開きます。この部分に穴を塞ぐように血餅(皮膚の傷でいうカサブタ)という血の塊が出来ます。歯が抜けてから約1か月くらいで綺麗な歯肉に覆われます。

治癒過程

歯が抜けたまま放置すると隣在する歯の歯根周囲の骨も吸収され始め、歯がゆらぎ始めて歯が抜けてしまうという結果になることもあります。そして、対合する歯が挺出(ていしゅつ)し始めたり、やがては噛み合せに異常が発生し、物が噛めない、しゃべり難いなどの症状が発現します。

抜歯後

ですから、歯を抜いた箇所はそのまま放置せず、しかるべき歯科治療が必要です。

では、どのような治療方法があるかご説明します。

歯を抜いた歯に隣在する歯を用いてブリッジを架けて噛み合せを回復する方法があります。(固定式)

  ぶりっじ2

出来るだけ健全な歯を削らないようにしますが、隣在する歯に虫歯の箇所がなく、健康な歯を削りたくないということであれば、部分入れ歯を装着するという方法もあります。(着脱式)

hasi_ireba_img s0009_p3

前歯は白い歯、奥歯は銀歯になります。また、部分入れ歯の場合、隣在する歯にかける固定装置は金属です。上記の治療方法は、保険治療で行えます。

より、自分の歯と同じような白い歯を希望されたり、金属製の固定装置のないブリッジや部分入れ歯を希望される場合は、保険治療が使えませんので自費治療となります。(前歯の一部は保険対応できます)

隣在する歯がない場合や、失った歯の本数が多い場合はブリッジを架けることはほぼ無理です。保険治療としては部分入れ歯装着し噛み合せの回復を行う治療となります。

syourei_018 yjimageU91AVHFU

お口の中でお困りのことがありましたら、お気軽に当歯科医院までご相談ください。

 

 

 

 

 

 

タグ: , , ,

↑PageTop