お知らせ
ホワイトニング
審美歯科(差し歯、詰め物)
入れ歯治療
予防歯科
歯周病治療
ホワイトニング
審美歯科(差し歯、詰め物)
入れ歯治療
予防歯科
歯周病治療

顎関節症 

2019年3月15日

こんにちは。

笛吹市一宮町の歯医者 小泉歯科です。

口を開いたり閉じたりすると耳の前方辺り音がしたり痛みが出たりする症状は顎関節症が疑われます。

症状としては口を開けたり閉じたりする時に顎関節でカックン、コッキンというような音がします。症状がある場合は硬いものを食べたり、無理に大きく口を開けたりしないようにしましょう。 痛みがあり、口がスムーズにあけにくくなった場合は歯科の受診をお勧めします。

口の開閉時に顎関節から音がしたりガクッと偏移する人はその症状が気になって繰り返してしまう人もいます。しかし、この行為が症状を悪化させてしまうのでやめて早く歯科を受診しましょう。

打撲の既往が無い場合は噛み合せが原因と考えられますので同時に噛み合せの治療が必要になる場合もあります。

顎関節症の代表的な症状

  • 顎関節やその周辺に異常を感じる。食べ物を噛む時に痛みや異常を感じる。
  • 食事をしているとあごがだるい、口を動かすと顎関節に痛みがある、噛みしめると顎関節が痛い
  • 口を開けたり閉じるする時に顎関節でカックン、コッキンというような音がする。
  • 口が開けにくくなったり、口の開閉をスムーズに行うことができない。
  • 口が左右にうまく動かない、開けにくい、あごが外れることがある。
  • 以上の症状のうち少なくとも一つ以上があるとき顎関節症にかかっている可能性が疑われます。
  • 症状は、悪くなったり良くなったりをくりかえします。再発もしますがあまり心配しなくてよいケースが多いようです。
    また生活習慣の改善で病状は軽減されます。

 

↑PageTop