お知らせ
ホワイトニング
審美歯科(差し歯、詰め物)
入れ歯治療
予防歯科
歯周病治療
ホワイトニング
審美歯科(差し歯、詰め物)
入れ歯治療
予防歯科
歯周病治療

歯の打撲

2019年3月25日

こんにちは。

笛吹市一宮町の歯医者 小泉歯科です。

身体の何処かを強くぶつけてしまったりすると何日もその部分に痛みが残ったり痣ができたりしますよね。同じようなことが歯にもあります。

に強い力が加わると、歯根(しこん)と歯槽骨(しそうこつ)の間にある歯根膜(しこんまく)の一部が伸びたり、ちぎれたりします。 その状態を歯根膜炎(しこんまくえん)(「歯根膜炎(根尖性周炎)」)といい、そのをたたいたり、かみ合わせたり、そのでなにかを食べると激しく痛みます。また歯が浮いた感じ(挺出感(ていしゅつかん))が続きます。この程度であれば、その歯をあまり使わないようにしながら1週間くらい安静を保つことで、自然に治りますので様子をみてその痛みが続いたり強まってきたり歯がぐらついている時は歯科を受診しましょう。

 

 

↑PageTop