お知らせ
ホワイトニング
審美歯科(差し歯、詰め物)
入れ歯治療
予防歯科
歯周病治療
ホワイトニング
審美歯科(差し歯、詰め物)
入れ歯治療
予防歯科
歯周病治療

歯石

2019年3月26日

こんにちは。

笛吹市一宮町の歯医者 小泉歯科です。

歯医者に来て歯の周りのお掃除をしてもらったら歯がスースーとして凍みるような感覚になったり歯が動くようになった気がしたことはありませんか?

それは、歯の周りに付着していた歯石を除去したからかもしれません。

歯石は歯の表面に沈着した歯垢しこうが石灰化したもので、歯周病の原因となる汚れの塊が固くなったものです。歯肉より上の部分の歯の周りに付着している歯石は写真の様に乳白色をしていますが歯肉より深い部分に付着している歯石は黒色です。

歯石が歯の周りに付着し始めると熱を遮断しますし、歯の周りの歯肉が退縮してしまい硬い歯石の塊が歯と歯の周り付着して一時的に固定してしまうので歯周病の進行がわかり難くなっていることがあります。

この歯石をお掃除することで遮断されていた熱刺激が直接歯に伝わり凍みる様な感覚になったり歯が揺らぐ感じがすることがありますがこの様な状態は歯周病が進行し始めている証拠です。

毎日、きちんと歯磨きをしていても歯石が付いて歯周病が進行し始めていることがありますからお口の中の定期検診をお勧めします。

↑PageTop