お知らせ
ホワイトニング
審美歯科(差し歯、詰め物)
入れ歯治療
予防歯科
歯周病治療
ホワイトニング
審美歯科(差し歯、詰め物)
入れ歯治療
予防歯科
歯周病治療

喰いしばり 歯ぎしり

2016年9月26日

こんにちは

笛吹市一宮町の歯医者 小泉歯科医院です。

10月も近づき、昨日は例年より早い富士山の初雪便りもとどき、ようやく秋の気配を感じる季節になってきました。

2016925

夜間の気温も下がり過ごし易くなってきましたが、皆さんは朝起きると顎が疲れてたり家族から「昨夜も歯ぎしりしてたよ」なんて言われたりしませんか?

現代社会において人は様々なストレスを感じながら生活をしています。このストレスが喰いしばりや歯ぎしりの原因として睡眠中に発現してるといわれてますが、睡眠中に起こることですから、自分で制御することは無理です。

人の噛む力は約70㎏といわれていますがこれだけの力で喰いしばったり歯ぎしりをし続けたら歯の噛む面は摩耗したり割れたりします。歯や義歯が摩耗して噛み合せが下がったり、喰いしばることが長く続くと顎の関節に異常が発現し始めることがあります。それだけではなく、歯が欠けたり割れたり、被せ物や義歯が割れたりして、お口の中の粘膜に傷をつけやすくなったり虫歯の原因になったりもします。また、常に異常な力が歯にかかり続けるわけですから歯の根やその周囲の骨にも影響が出たりし、これらが歯周病の原因となることもあります。

ストレスや日中に無意識に行っている癖が歯ぎしりを悪化させる原因の一つにもなっていると言われているため、ストレスを溜めずリラックスをしたり日中は食事のとき以外は噛みしめないなど、日常生活の中で気をつけることで改善が見られる場合もあります。でもなかなか簡単には治らないことが多いのが現実です。そこで、眠っている間にナイトガードと呼ばれるマウスピースをつけることで、過剰な力から歯を守ることができます。

歯ぎしり ←歯ぎしり防止用

マウスガードhard2 softマウスガード←喰いしばり防止用

 

ご自分で歯ぎしりや喰いしばりの自覚のない人は、以下の項目からチェックしてみてください。

・歯に細かい亀裂がある
・朝起きた時にあごが疲れている、だるい
・頬の内側に咬んだ跡や血豆がある
・頭痛、肩こりがひどい
・知覚過敏がある
・舌の縁に歯形がついている
・詰め物が割れたり、外れたりしやすい

上記項目に複数当てはまる方は喰いしばりや歯ぎしりをしている可能性があります。早めの治療をお勧めします。

お口の中のことで何かお困りのことやお悩みのことがありましたらお気軽に当歯科医院までご相談ください 。

タグ: , , ,

↑PageTop