お知らせ
ホワイトニング
審美歯科(差し歯、詰め物)
入れ歯治療
予防歯科
歯周病治療
ホワイトニング
審美歯科(差し歯、詰め物)
入れ歯治療
予防歯科
歯周病治療

喰いしばり 歯ぎしり2

2016年9月27日

こんにちは

笛吹市一宮町の歯医者 小泉歯科医院です。

近頃は徐々に秋めき始め、いよいよスポーツの秋到来ですね。皆さんの中にもスポーツを楽しまれる方がいると思いますが、人は重い物を持ち上げたりスポーツなどで瞬間的に力を出すときに歯を喰いしばります。この時の噛む力は自分の体重以上(スポーツ選手は倍以上)といわれています。瞬間的に噛む力を発生する回数が多い人ほど歯に亀裂が入ったり異常を感じたり顎の関節に異常が発生したりする傾向にありますから、歯を失えば噛む力が下がるので瞬発力も下がりますし、顎関節に異常があっても同様で瞬発力に低下がみられます。日本人は海外の人に比べて噛み合せが深く歯列の乱れ(八重歯)が多いために噛み合せが悪いともいわれています。

近年、様々なスポーツを行う中で、効率良く噛むこと、歯や顎関節への負担を軽減させることで瞬発力の向上がみられることがわかってきています。先日開催されていたリオオリンピック、パラリンピックでも様々な競技選手がマウスガード(マウスピース)を装着して競技をしている姿を見た方も多いのではと思いますが、様々なスポーツ中継でも同様の光景を見てると思います。マウスガード(マウスピース)は、前回記載した日常生活の中での喰いしばり、歯ぎしり防止用としてだけではなくスポーツなどで起こる障害から歯や顎関節を守るためにとても効果的な装置です。マウスガード(マウスピース)と聞くと以前はボクシングやラクビーなどの激しくぶつかる競技をイメージされる方が多いと思いますが、外傷からだけではなく正しく噛むことでより瞬発力を上げる効果があるのです。歯並びが乱れていて咬合力が十分に発揮できない人にもマウスガード(マウスピース)を装着することは効果的です。

市販されている簡易マウスガード(マウスピース)もありますが、自分の歯列と噛み合せに合ったものを歯科医院で作成してもらい装着することをお勧めします。以前は透明なもののみでしたが、近年は様々なカラーがありますので、ご自分の好みで選択することが出来ます。チームカラーやラッキーカラーなどお好みの色にすることも出来ますよ。

 

20140322_90233

マウスガード 緑 マウスガード青 

お口の中のことで何かお困りのことがありましたら、お気軽に当歯科医院までご相談ください 。

 

 

タグ: , , ,

↑PageTop