お知らせ
ホワイトニング
審美歯科(差し歯、詰め物)
入れ歯治療
予防歯科
歯周病治療
ホワイトニング
審美歯科(差し歯、詰め物)
入れ歯治療
予防歯科
歯周病治療

白くてきれいな歯2

2016年10月4日

こんにちは

笛吹市一宮町の歯医者 小泉歯科医院です。

自分の前歯に色の濃い着色があったり黄ばんでたりすると口元が気になってしまいがちですよね。前回、飲食物や喫煙によって歯の表面に付着した着色について記しましたが、今回はこの着色や黄ばみの除去について説明します。cleaning_before_01毎日、丁寧に歯磨きをしているのに歯の表面に付いてしまった汚れは、残念ですがなかなか歯ブラシでは落とせません。理由は、歯の表面には無数の小さな凹凸があり、噛んで食べ物の流れを促す溝があるのですが、この凸凹や溝の底まで届く毛先の細い歯ブラシはほとんど市販されていないことと、この歯ブラシを完璧に使いこなせる人がほぼいないので歯の表面の凸凹や溝の底に入り込んだ汚れを歯ブラシできれいに取り除くことはほぼ無理なのです。

毎日、丁寧に歯磨きをしていても着いてしまった着色や黄ばみを自宅で歯ブラシだけで除去することは至難の業ですから歯科医院にお出かけしてお口の中のクリーニングをしてもらうことをお勧めします。クリーニングとは歯石除去だけではなく、歯の表面の研磨を行うことで歯の表面を滑らかにし、汚れが着き難い環境に整えてもらえます。

歯の表面をきれいにしたら、その状態を維持するために丁寧な歯磨きを行うための道具選びです。薬局などで販売されている美白用の歯磨き剤には歯の表面の汚れを落とす研磨剤と、ステイン(着色)を浮き上がらせる成分が含まれています。成分の違いで売り文句が変わりますがほとんど大差はありません。歯ブラシは小さめの毛先の細いやわらかい物を選び、歯磨き剤少量を歯ブラシにつけて丁寧に歯磨きを行ってください。

3歯磨き

歯を白くしようとして荒い研磨剤の入った歯磨き剤などを使うと一時的にはきれいになりますが、荒い消しゴムで擦っているのと同じで、歯の表面に傷がつくためすぐに着色しやすくなります。一般的な歯磨き剤では問題ありませんが、海外のものなどは荒い研磨剤が含まれていることもありますし、荒塩などの粒子の大きな研磨剤が含有している歯磨き剤は、歯の表面や歯肉を傷つけているだけですからお気をつけください。

お口の中のことで何かお困りのことがありましたら、お気軽に当歯科医院までご相談ください。

タグ: , ,

↑PageTop