お知らせ
ホワイトニング
審美歯科(差し歯、詰め物)
入れ歯治療
予防歯科
歯周病治療
ホワイトニング
審美歯科(差し歯、詰め物)
入れ歯治療
予防歯科
歯周病治療

白くてきれいな歯3

2016年10月5日

こんにちは

笛吹市一宮町の歯医者 小泉歯科医院です。

これを読まれているみなさんの中には自分の歯が汚く見えるのではないか?と心配になっている方も多いのではないでしょうか。せっかく歯科医院でお口の中のクリーニングしてもらったり毎日歯を磨いているのに、歯が汚く見られてしまうと残念ですよね。汚く見える原因は着色や歯並びまで多くあります。着色の原因には、歯の表面に出来てしまったひび割れや歯の表面に染み込んでしまった黄ばみなど様々な原因があげられます。このような原因で深いところまで入り込んでしまった汚れは残念ながら歯のクリーニングだけではなかなか除去出来ません。虫歯でもないのに歯を削るのはもったいないのでこの場合は「ホワイトニング」という歯を白くするための薬剤を用いる治療をお勧めします。

ホワイトニングとは歯の表面に染み込んでしまってクリーニングで除去しきれない汚れを薬剤を用いて歯を漂白することですから、先ず歯科医院で歯に付着している汚れをクリ-ニングしたあとに行うことがより効果的です。薬剤を用いる方法は大きく分けて2種類です。

1.ホームホワイトニング

歯科医院で歯に装着するカバーを作り、「過酸化尿素」という薬剤を処方してもらい、歯の表面に塗った薬剤が唾液で流れてしまわないように保持して自宅で生活しながらホワイトニングを行う方法です。歯本体を漂白する薬剤を使用するため、着色汚れの除去だけではなく、黄色くなった歯を元からきれいに白くする効果が期待できます。また、濃度の少ない薬剤を使用するためにゆっくり時間をかけてホワイトニングを行うことでリバウンドは少なく色の変化の違和感がないといわれています。

2.オフィスホワイトニング

歯科医院で少し濃度の濃い過酸化尿素を歯の表面に塗り光を当てることで短時間で強い漂白効果が出来る方法です。即効性はありますがリバウンドも早いといわれています

注)薬剤を用いたホワイトニングを行うことで知覚過敏の症状が出る人がいます。また、進行性の強い歯周病の患者さんにはお勧めしません。

shutterstock_96720667-e1423986972709

お口の中のことで何かお困りのことがありましたら、お気軽に当歯科医院までご相談ください 。

タグ: , ,

↑PageTop