お知らせ
ホワイトニング
審美歯科(差し歯、詰め物)
入れ歯治療
予防歯科
歯周病治療
ホワイトニング
審美歯科(差し歯、詰め物)
入れ歯治療
予防歯科
歯周病治療

白くてきれいな歯4

2016年10月7日

こんにちは

笛吹市一宮町の歯医者 小泉歯科医院です。

皆さんは日常生活の中で、歯が何度も膨張収縮を繰り返していることを御存知ですか?温度の高いものを食すと歯は膨張し、温度の低いものを食すと歯は収縮します。口の中での温度差は、粘膜が火傷をしない程度のものですが、日々の日常生活の中で頻繁に繰り返されています。以前にむし歯の治療を行い白い詰め物をしてあるその縁から色が浸透してしまい茶色く見えたりしたりしているのは、歯の膨張収縮係数と詰め物の膨張収縮係数が異なるために歯と詰め物との間に僅かにできてしまった隙間に入り込んだ着色や汚れなのです。

近年では、材料の開発が進み膨張収縮係数の差は少なくなりましたが、同一ということは難しいので、全く色素が浸透しない詰め物による治療は不可能です。また、浸透した色素や汚れを放置すると虫歯の進行に発展する可能性があります。

bcb90711ea916557137af5b1b32fbeb0-e1393074661828-300x199case2-04-01d0078_p02before

虫歯を放置すると歯の神経が炎症を起こすだけではなく歯が折れたり割れたりする原因になります。今では歯の膨張収縮係数に近くて様々な色の詰め物がありますので、虫歯を放置せず早めに歯科医院を受診すれば麻酔もせずに歯をあまり削らずに痛みを感じない治療が行えます。

case04_img_20l

 糸切り歯と前歯の間にできた虫歯を充填修復を行った例(保険内治療) 

お口の中のことで何かお困りのことがありましたら、

お気軽に当歯科医院までご相談ください 。

 

タグ: , , ,

↑PageTop