お知らせ
ホワイトニング
審美歯科(差し歯、詰め物)
入れ歯治療
予防歯科
歯周病治療
ホワイトニング
審美歯科(差し歯、詰め物)
入れ歯治療
予防歯科
歯周病治療

爪楊枝

2016年10月19日

こんにちは。

笛吹市一宮町の歯医者 小泉歯科医院です。

みなさんは、食事の後に歯と歯の間に挟まった食べ物があると爪楊枝を使ったりしてませんか?これは、昔から日本人特有の習慣で、海外では殆ど見られない行為です。そして、日本の飲食店では必ずってほど置いてある爪楊枝ですが海外の飲食店では殆どみかけません。

国際線の飛行機でも同様で、日航や全日空の飛行機では機内食の配食時に、お手拭と一緒に爪楊枝が同封されていますが、海外の航空会社ではみかけません。

fPl7AHXv

 

上の写真で見てもお分かりのように、本来、爪楊枝は食べ物に刺す道具ですから先が細く尖っています。ですから歯と歯の隙間には入りやすく、そこに詰まっているものを取り除くのにはとても便利な道具として日本では定着しています。しかし、人前で爪楊枝を使って歯の間の隙間掃除をすることは見た目良くないためにあまりしませんよね

では、海外ではどうでしょうか?欧米諸国では糸ようじデンタルフロスを携帯している人が多く、トイレなどで鏡で自分の口の中を見ながら使ってる人を見かけます。

dentalcare16

歯磨きした後に爪楊枝で歯と歯の隙間を触ると白い磨き残しがついてきたりしますが、これは歯ブラシの毛先が歯間部に届いてない証拠です。でも爪楊枝は先が尖っているために歯肉に傷をつけ易いため、歯肉に傷をつけ難くマッサージ効果の高い歯間ブラシで磨くことをお勧めします。この時に、少量の歯磨きジェルを塗布すると有効的です。

IMG_0138

お口の中のことで何かお困りのことがありましたら、お気軽に当歯科医院までご相談ください。

 x

 

 

タグ: , ,

↑PageTop