お知らせ
ホワイトニング
審美歯科(差し歯、詰め物)
入れ歯治療
予防歯科
歯周病治療
ホワイトニング
審美歯科(差し歯、詰め物)
入れ歯治療
予防歯科
歯周病治療

入れ歯

2016年10月21日

こんにちは。

笛吹市一宮町の歯医者 小泉歯科医院です。

今まではお口の中のお手入れについて記してきましたが、入れ歯をご使用の方もいると思いますので、今回は入れ歯のことについてお伝えしていきたいと思います。

一般的に入れ歯と聞くと取り外しして使う総入れ歯をイメージする人もいるかもしれませんが、入れ歯には大きく分けて2種類あります。少数歯欠損部の補綴(ほてつ)に用いられるブリッジ固定式義歯とよばれるもので、多数歯欠損部の補綴に用いることが多い取り外しをして使うことが出来る入れ歯のことを可撤式義歯といいます。可撤式義歯は、全ての歯を失った時に用いられる総義歯(総入れ歯)と部分欠損部の補綴に用いられる部分義歯(部分入れ歯)に分けられます。

総義歯はお口の中の自分の歯を全て失ってしまっているために、入れ歯を維持するための装置は付属していませんが、部分入れ歯は義歯をお口の中で安定させるための装置が付属しています。

ireba_p2

義歯を安定させるための維持装置(クラスプ)は残存する歯に架ける仕組みなので、クラスプが変形したり破損したりしたまま使い続けると残存歯に過剰な負担がかかってしまい入れ歯の不適合や歯の痛みの原因になることがあります。

gishi101-1

 

お口の中のことで何かお困りのことがありましたら、お気軽に当歯科医院までご相談ください。

タグ: , ,

↑PageTop