お知らせ
ホワイトニング
審美歯科(差し歯、詰め物)
入れ歯治療
予防歯科
歯周病治療
ホワイトニング
審美歯科(差し歯、詰め物)
入れ歯治療
予防歯科
歯周病治療

知覚過敏5

2016年12月10日

こんにちは。

笛吹市一宮町の歯医者 小泉歯科医院です。

前回までに知覚過敏について説明してきましたが、冷たいものが凍みて何をしても痛いという症状が強まってる場合は、露出した歯根表面が削れてしまい、歯の神経を刺激しやすい状況になっている場合がほとんどですから、このような症状まで進行している時は、歯と同じ色をしたセメントやレジンという材料で埋めて刺激を遮断する治療を行います。上記の治療までしても症状が全く改善しない場合は、最後の手段として歯の神経をとって凍みなくします。しかし、できるだけ歯の神経を温存することは長くご自分の歯を残せることに繋がりますから、凍みるというのは、歯が教えてくれている危険のサインです。

           9c874055  haha007
 これを見逃さず、軽いうちに対処すると、長くご自身の歯でおいしく楽しい生活が送れること間違いなし!
 お口の中のことで何かお困りのことがありましたら、お気軽に当歯科医院までご相談ください

↑PageTop