お知らせ
ホワイトニング
審美歯科(差し歯、詰め物)
入れ歯治療
予防歯科
歯周病治療
ホワイトニング
審美歯科(差し歯、詰め物)
入れ歯治療
予防歯科
歯周病治療

糖尿病と歯周病2

2017年1月25日

こんにちは。

笛吹市一宮町の歯医者 小泉歯科医院です。

前回に糖尿病と歯周病について記載しましたので、今回は、その続きです。

糖尿病の人は、糖尿病でない人に比べて、中程度あるいは高度の歯周病になる頻度が2~3倍高く、また歯周病の進行が早く、治るのも遅くなります。それは、糖尿病の人は、細菌の攻撃に対して自分を守る免疫力が低下しており、炎症による組織破壊が進行しやすくなります。このことから糖尿病の人は歯周病に罹患すると治り難いということを意味しています。糖尿病を持つ歯周病患者に歯周治療を行うと、血糖値が改善したという報告が多数あります。すなわち、歯周病を放置することは糖尿病を悪化させる要因のひとつである可能性がきわめて高いといえます。

              

歯周病予防やお口の中のことで何かお困りのことがありましたら、お気軽に当歯科医院までご相談ください。

↑PageTop