お知らせ
ホワイトニング
審美歯科(差し歯、詰め物)
入れ歯治療
予防歯科
歯周病治療
ホワイトニング
審美歯科(差し歯、詰め物)
入れ歯治療
予防歯科
歯周病治療

これって歯周病?

2017年2月24日

こんにちは。

笛吹市一宮町の歯医者 小泉歯科医院です。

歯周病は、私たちの歯や全身の健康を脅かす存在として、認知度が高まってきている病気です。しかし、痛みなどの自覚症状がなく、知らないうちに進行している可能性があります。

もしも、鏡を見て「歯茎が下がってきた?」「歯が少し伸びた気がする…」などと感じたら。それは歯周病のサインの1つ。ぜひ、早急に手を打ちましょう。

□ Q1.
歯磨きをすると血がでることがある。
□ Q2.
治療していない虫歯がある。
□ Q3.
食べ物が歯と歯の間につまりやすい
□ Q4.
歯ぐきの色がピンクではなく、赤や赤紫になっている
□ Q5.
口で息をしていることが多い
□ Q6.
最近、口臭が気になる
□ Q7.
歯がしみることが多い
□ Q8.
寝ているときに歯ぎしりや、いびきをかく
□ Q9.
抜けた歯をそのままにしている。
□ Q10.
糖尿病がある
□ Q11.
強く噛みしめると歯がグラグラする
□ Q12.
タバコを吸う
□ Q13.
硬いものを噛むと痛む
□ Q14.
甘いものが好き
□ Q15.
前歯にすきまができた。
□ Q16.
朝起きたときに口の中が不快でべとつく
□ Q17.
お酒を飲んだ日は、そのまま寝てしまうことがある

さて、あなたは全部で何個当てはまりましたか?
チェックの数によって、あなたの歯周病の危険度が分かります。

▼0個
とても健康です。今後もお口のケアを大事にしていきましょう。

▼1~5個
歯肉炎や軽度の歯槽膿漏の疑いあり。普段から歯石や汚れを定期的にとって、お口の健康に気をつけていきましょう。

▼6~9個
かなり進行しています。歯肉の炎症や、軽度の歯周病の可能性があります。

▼10個以上
歯周病がかなり進行している可能性大です。すぐに治療が必要です。そのまま放っておくと取り返しのつかないことになります。

歯周病を予防するには、自分のお口の中の状態を把握し、自分の歯列の状態に合った磨き方を覚えることが大切です。

お口の中のことで何かお困りのことがありましたら、お気軽に当歯科医院までご相談ください。

 

↑PageTop