お知らせ
ホワイトニング
審美歯科(差し歯、詰め物)
入れ歯治療
予防歯科
歯周病治療
ホワイトニング
審美歯科(差し歯、詰め物)
入れ歯治療
予防歯科
歯周病治療

歯肉炎2

2017年3月1日

こんにちは。

笛吹市一宮町の歯医者 小泉歯科医院です。

歯肉炎と歯周病

よく耳にするこの2つの病気の違いを説明します。

歯肉炎とは、比較的軽度の炎症で、その炎症が歯の周囲にある歯ぐきだけに限局しているものを指します。歯周病には歯肉炎の他に歯周炎という病気があり、この歯肉炎と歯周炎はどちらも歯周病と呼ばれています。

歯肉炎を放置したまま悪化してしまい、歯ぐきだけではなく歯を支える骨にまで炎症が拡がり影響が出てしまうと、歯周炎という病名がつけられることになります。

つまり、歯肉炎は歯周病の前駆症状ともいえます。

歯肉炎の場合

炎症は歯ぐきのみに限局していて、その他の歯の周りの組織は健康なままです。そのため、歯肉炎では、早期治療を行えば元の健康な歯ぐきの状態に戻ることができます。

歯周炎の場合

歯周病菌が歯ぐきだけではなく、歯を支える骨にまで拡がり、骨の一部が失われている状態を指します。そのため、元の状態に戻すことはとても難しくなってしまいます。

つまり、最初に歯肉炎が起こり、それを治療せずに放置していると歯肉炎が悪化し、炎症が進行して歯周炎になってしまうのです

歯肉炎にならないようにするには、自分の歯並びに合った丁寧な歯磨き方法を体得することが大切です。

当歯科医院では歯磨き指導を行いながら、患者さんに合った治療を患者さんと共に相談しながら治療を行っていきたいと考えています。お口の中のことで何かお困りのことがありましたら、お気軽に当歯科医院までご相談ください。

↑PageTop