お知らせ
ホワイトニング
審美歯科(差し歯、詰め物)
入れ歯治療
予防歯科
歯周病治療
ホワイトニング
審美歯科(差し歯、詰め物)
入れ歯治療
予防歯科
歯周病治療

歯の着色2

2017年3月18日

こんにちは。

笛吹市一宮町の歯医者 小泉歯科医院です。

日本人よりも欧米人の方が白い歯にこだわりがありますが、日常生活の中で

歯を白くする食材 歯の汚れを落としてくれる食材を摂るようにする

ことであなたも白いきれいな歯を保てるようになります。

アメリカの歯科医は、『歯を白くする食材』に玉ネギ・生姜・バシルなどを挙げています。

ただ、歯にシミを付けないことが前提です。

唾液に含まれるミネラル成分を活かし、キシリトール入りのガムを噛むのも効果的です。

そして、食べたら丁寧な歯磨きを行いましょう。

普段から歯の表面についた汚れを落としてくれる食材を摂っていれば、歯の黄ばみは抑えられます。

もちろん、ただ食べるだけでは歯は白くなりません。

一般的に、リンゴ酸を多く含んでいる苺・りんご・梨・梅干や、パパインという成分を含んだパパイヤなどが挙げられますが、歯垢を浮かすだけなので、歯を白くするには、ちゃんとブラッシングをする必要があります

他にも、歯の成分であるマグネシウムを含んだ胡麻、歯のエナメル質を守るビタミンAを含んだ、にんじんやほうれん草、歯の象牙質を守るビタミンCを含んだ、ブロッコリー・みかんなどが歯の汚れを落としてくれる食材として挙げられます。

ファーストフードやインスタント食品など、やわらかい食べ物を口にしていると、噛む力が弱くなり、歯に汚れが付きやすくなり白い歯を保てなくなってしまいます。

歯のホワイトニングはお金がかかりますから、日常生活の習慣を少し変えるだけでも歯を白く出来るのなら試してみましょう。ポイントは油分が多い濃い色の食べ物を食べたら早めにお口をゆすぎ口の中をきれいに保つことです。

お口の中のことで何かお困りのことがありましたら、お気軽に当歯科医院までご相談ください。

↑PageTop