お知らせ
ホワイトニング
審美歯科(差し歯、詰め物)
入れ歯治療
予防歯科
歯周病治療
ホワイトニング
審美歯科(差し歯、詰め物)
入れ歯治療
予防歯科
歯周病治療

爪楊枝2

2017年3月22日

こんにちは。

笛吹市一宮町の歯医者 小泉歯科医院です。

歯と歯の間に虫歯があり、穴が空いていると、その穴に食べ物が引っかかって挟まりやすくなります。食べカスは歯垢を増やし、その歯垢の中で虫歯菌はさらに繁殖します。放っておくとさらに悪化することになるので、歯と歯の間の虫歯は早めに治しましょう。

食後に爪楊枝を使って歯と歯の間に詰まった食べかすを取り除いている習慣のある人は使用を止めましょう。先の尖った爪楊枝は歯肉に傷をつけやすく歯肉炎を起こしやすいために,歯間ブラシやデンタルフロス,糸ようじなどを使うことをお勧めします。また、夜の歯磨きの後に歯間ブラシデンタルフロスなどを使用することで、効率良く口内の歯垢や食べカスを取り除くことができます。歯間ブラシやデンタルフロスの使い方についても歯科衛生士さんによる歯磨き指導を行っていますので、お口の中のことで何かお困りのことがありましたら、お気軽に当歯科医院までご相談ください。

↑PageTop