お知らせ
ホワイトニング
審美歯科(差し歯、詰め物)
入れ歯治療
予防歯科
歯周病治療
ホワイトニング
審美歯科(差し歯、詰め物)
入れ歯治療
予防歯科
歯周病治療

マージンタトゥー、ブラックマージン3

2017年4月5日

こんにちは。

笛吹市一宮町の歯医者 小泉歯科医院です。

歯肉が下がり歯に被せた冠の縁に黒い線が目立ってきたりすると気になりますよね?解決策としては金属を用いない土台と冠に被せなおすという方法もありますが、せっかく被せなおしても、また時間が経ち歯肉が下がり歯と被せ物の間に入り込んだ色素によってブラックマージンが出来たら嫌ですから、歯肉が下がらないようにすればブラックマージンの再発は少なくなります。

先ず、喫煙されている方はたばこの喫煙を止めることをお勧めします。どうしてもたばこの喫煙が止められない人は、喫煙後にお口の中にたばこのヤニを残さないようにするためにお水でうがいをしましょう。頻繁に色素の濃い飲料(コーヒー、赤ワインなど)を口に含んだりする人や食事の後も同様に、うがいをまめにすることで歯や歯肉への色素沈着や口臭予防にもなります。

歯肉が下がらないようにするには歯肉の厚みを薄くしない事がまず重要になります。下がってしまった歯肉に厚みをつけるためには歯肉の再生療法という治療方法がありますが、先ずは丁寧な歯磨き方法を習得することが大切です。硬い毛でヘッドの大きな歯ブラシを使って研磨剤を多く含む歯磨き剤を歯ブラシに沢山塗って常に激しく横磨きの歯磨きをしていたら歯肉の厚みはどんどん薄くなってしまい、歯肉は退縮方向に向かってしまいますので、自分の歯並びやお口の中の状態に合った丁寧な歯磨き方法を習得するようにしましょう。

↓ブラックマージンが目立つ治療前↓

 

↓金属を用いない歯の土台や冠に被せ直し、歯肉の状態が改善した状態↓    

 

お口の中のことで何かお困りのことがありましたら、お気軽に当歯科医院までご相談ください。

↑PageTop