お知らせ
ホワイトニング
審美歯科(差し歯、詰め物)
入れ歯治療
予防歯科
歯周病治療
ホワイトニング
審美歯科(差し歯、詰め物)
入れ歯治療
予防歯科
歯周病治療

金属製のバネのない入れ歯

2017年4月7日

こんにちは。

笛吹市一宮町の歯医者 小泉歯科医院です。

これを読まれている皆さんの中に入れ歯を使われている人もいらっしゃると思いますが、バネのない入れ歯を御存知ですか?近頃ではテレビで報道されたりすることも増えて来たみたいで、当医院でも患者さんから質問されることもたびたびあります。

一般的に歯を失ってしまい、ブリッジが装着出来なくなってしまったり、ブリッジを装着するために、健康で綺麗な歯を削りたくない場合の噛み合せの回復のためには部分入れ歯を装着することになります。現在では、骨に穴を開けて人工歯根をインプラント(埋め込む)するという方法もありますが、保険治療適応外であり、糖尿病や骨粗鬆症、リュウマチなどの全身的な理由でできない場合もあります

部分入れ歯の構造は歯を失った箇所を床(しょう)で覆いそこに人工歯を配列し、入れ歯が動かないように安定させるために残存する歯に金属製のバネを架ける形が保険適用のものでは一般的です。

歯を失った箇所によっては、金属のバネが目立ってしまう場合もありますがバネを架けないと入れ歯が安定せず動いてしまうので噛めなかったりしゃべりずらかったりするためにとても不便になります。しかし、上の写真にある様に前歯などに金属製のバネを架けると見た目がよくありませんよね。そんな時は金属製のバネのない義歯はいかがでしょうか?

金属製のバネのある入れ歯    金属製のバネのない入れ歯  

写真にあるように見た目も綺麗になり、保険の義歯に用いる材質より薄くて軽くすることも出来ますので義歯装着時のお口の中の違和感も改善します。ただ、残念ながら、金属製のバネのない義歯も保険適応外の入れ歯ですので保険の入れ歯より高額ではあります。しかし、違和感の少ない綺麗な入れ歯をお望みの方、または、義歯のことでお困りの方もお気軽に当歯科医院までご相談ください。

↑PageTop