お知らせ
ホワイトニング
審美歯科(差し歯、詰め物)
入れ歯治療
予防歯科
歯周病治療
ホワイトニング
審美歯科(差し歯、詰め物)
入れ歯治療
予防歯科
歯周病治療

春満載

2018年4月2日 月曜日

こんにちは。

笛吹市一宮町の歯医者 小泉歯科です。

暖かくなり桃の花も満開になりました。

この時期は花粉症の最大の症状である鼻づまりの強い人は上の奥歯の辺りに違和感を感じ歯が痛いと感じることがあります。

歯性上顎洞炎の症状にも似ていますが歯周病やむし歯と異なり鼻づまりの症状が改善すると歯の痛みも解消されることが多いので違和感のある人は歯科医院にご相談することをおすすめします。

歯を大切に

2018年3月31日 土曜日

こんにちは。

笛吹市一宮町の歯医者 小泉歯科です。

万が一、今歯肉に痛みを感じているとしたら、歯周病かもしれません!早めの歯科医院の受診をおすすめします。

別名「サイレント・ディジーズ(静かなる病気)」自覚症状がない方も要注意!

桜満開

2018年3月30日 金曜日

こんにちは

笛吹市一宮町の歯医者 小泉歯科です。

ここ連日の夏日で一気に桜の花が咲き。昨日は甲府で桜満開が報告されました。

笛吹市内の桜も満開です。

               

間もなく近所の畑の桃の花も満開になると診療室の周りは桃の花で一色です。

お花見のお散歩がてらにお口の中の定期健診にご来院ください。

白い歯

2018年3月28日 水曜日

こんにちは。

笛吹市一宮町の歯医者 小泉歯科です。

以前に治療して被せた歯の着色や変色が気になっている方もいます。

痛みがないから気にしないという人もいますが、色の違う前歯をきれいに整えてあげると、見た目も気分もよくなりますし笑顔に自信がもてるようになります。

 

白い歯

2018年3月27日 火曜日

こんにちは。

笛吹市一宮町の歯医者 小泉歯科です。

白くて健康的な歯に憧れる人は多くいますが、歯を丁寧に磨くことだけで白い歯を保つことは困難です。

水以外の無色透明の飲食物はほとんどありません。

口の中が乾燥した状態は歯の表面に色素沈着がしやすい状況なので油分を多く含んだ色素の濃い食べ物を食べる前に水を口に含んで潤しておく方が良いです。

食後も、早めにお口をゆすぎ濃い色素を残さない様にするだけで歯の着色は少なくなります。

また、喫煙される方は歯への着色率が強いので喫煙後にお口をゆすぐことをお勧めします。たばこに含まれるニコチンは歯肉にも影響し、歯周病になりやすいので、喫煙後の洗口はいろんな意味で効果的です。

春到来

2018年3月26日 月曜日

こんにちは。

笛吹市一宮町の歯医者 小泉歯科です。

先週3/23に甲府気象台からソメイヨシノの開花が発表されました。

近場で春の景色を探してみると、菜の花も根元の青い小さな華もほぼ満開で桜のライトアップも始まっていました。

                  

 

日毎に陽射しも風も暖かくなってきましたので、春の散策がてらにお口の中の定期健診にもお出かけになってみてはいかがですか?

歯並びと噛み合せ

2018年3月24日 土曜日

こんにちは。

笛吹市一宮町の歯医者 小泉歯科です。

近年、子供の食べ物が食べやすく加工され軟らかくなり、あまり食べ物を噛まなくなったことで顎の成長が十分にされず、歯並びや噛み合せに問題がある子供が増えてるようにみられます。

歯の並びが悪いと、歯の間に汚れが溜まりやすくなり、虫歯になってしまうことがあります。歯並びが悪い人は歯医者で歯科矯正をしてもらうといいでしょう。歯並びが良くなると、歯磨きがしやすくなり、汚れも落ちやすくなります。さらに、唾液の流れも良くなるので虫歯予防には効果的です。

また、歯並びが悪いときちんと上下の歯が噛み合せることが出来ず、咀嚼率の低下や顔貌の変形、脳や身体の劣成長などにも繋がります。

お子さんの歯並びや噛み合せが気になるのでしたら早めに歯科医院を受診することをお勧めします。

歯に悪い食べ物

2018年3月23日 金曜日

こんにちは。

笛吹市一宮町の歯医者 小泉歯科です。

食べ物を摂取する時に気をつけるポイントをおさえておけば、虫歯になるのを事前に防ぐことができます。

以前にも記しましたが、酸や当分を多く含む柑橘類の果物、歯にくっきやすいアメやスナック菓子などの食べ物などを食したあとは食後30分以内に嗽や歯磨きをしましょう。

寝ている時は、虫歯予防に必要な唾液の分泌が減ってしまう傾向があります。さらに、口の中も乾きやすいので、歯垢が定着しやすくなります。寝る前に歯磨きをしていても、ちょっとした磨き残しがあれば、それは虫歯菌のエサになってしまうでしょう。そのため、少なくとも寝る30分前は飲食を控えるようにしてください。

歯に悪い飲み物

2018年3月22日 木曜日

こんにちは。

笛吹市一宮町の歯医者 小泉歯科です。

歯に悪いものは食べ物だけではありません。実は飲み物にも歯に悪影響を及ぼすものがあります。歯に悪い飲み物を摂取すると、虫歯になったり、歯を溶かしてしまったりする原因になります。日常的に摂取する飲み物には特に注意をしましょう。

コーヒーを飲むと、ステインによって歯にシミを作ってしまうことは多くの人が知っているでしょう。さらに、コーヒーには歯の表面をネバネバにする作用があり、食べ物が歯にくっつきやすくしてしまうので、歯には悪い飲み物と言えます。

ポリフェノールが含まれた赤ワインは、体に良いことで知られていますが、歯のことを考えると気をつけたい飲み物です。赤ワインは酸性の飲み物です。酸は歯に悪影響を及ぼすことを柑橘類の時にご紹介しましたが、実は酸は歯を溶かしてしまうのです。歯の為にも健康のためにも飲み過ぎには注意しましょう。

炭酸飲料は、文字にもあるように酸を含む飲み物です。また、清涼飲料水は体に良さそうなイメージですが、実は糖分が多く含まれています。歯だけでなく体にも悪いので、日常的に摂取することはやめましょう。

フッ素を含んでいる紅茶は、歯を虫歯から守ってくれる効果があります。しかし、レモンティーやハーブティーによっては酸性度が高いものがあります。歯は酸に弱いため注意が必要です。

また、コーヒーや赤ワインなど色の濃い飲み物は歯に着色しやすいので、口に含んだ後は水で口をゆすぐことをお勧めします。

                   

歯と食べ物2

2018年3月20日 火曜日

こんにちは。

笛吹市一宮町の歯医者 小泉歯科です。

栄養価が高く健康的な食べ物で歯にくっつきやすい食物はむし歯になりやすいので、お子さんのおやつには気をつけましょう。(ドライフルーツ、キャラメル、飴、スナック菓子、チョコレート、ガム、etc.)

よく噛んで食べることは良いことです。しかし、硬すぎる食べ物を食べると、歯のかみ合わせを狂わせてしまい、反って歯に悪影響を及ぼしてしまうので気をつけましょう。

硬いものを食すときは大きな塊のままではなく食べやすい大きさに小分けにしてから食べるようにしましょう。

            

↑PageTop