お知らせ
ホワイトニング
審美歯科(差し歯、詰め物)
入れ歯治療
予防歯科
歯周病治療
ホワイトニング
審美歯科(差し歯、詰め物)
入れ歯治療
予防歯科
歯周病治療

インフルエンザと歯周病2

2018年1月17日 水曜日

こんにちは。

笛吹市一宮町の歯医者 小泉歯科です。

インフルエンザも歯周病も罹患するととてもつらい病気です。

でも、この2つの病気が関連することは一般的には、まだあまり知られていません。

  

気温が下がり空気が乾燥してくると、インフルエンザの流行する季節到来です。
いったん流行すると急速に感染が広がることから、インフルエンザ感染者は、例年推定1000万人といわれています。 感染しない、感染させない、一人ひとりがしっかりインフルエンザ対策をする必要があります。

歯周病の症状がある場合、そのまま放置すると歯周病菌はインフルエンザ感染を重症化させます。

歯周病菌はインフルエンザウイルスを粘膜に侵入しやすくする酵素(プロテアーゼやノイラミニダーゼ)を出します。また、歯周病菌由来の酵素は抗ウイルス薬で抑制できないため、口腔内を不潔にしておくとインフルエンザ感染を助長します。
特に免疫力の弱い高齢者は、インフルエンザが重症化する可能性があります。

毎日の口腔ケアで口腔内の細菌数を減らすことがインフルエンザ予防につながります。

口腔細菌は歯の表面だけでなく、舌の上、咽頭などの粘膜にも多く存在します。

歯磨きを丁寧に行い歯垢を残さないためには歯と歯の間を糸ようじや歯間ブラシを用いて丁寧に磨きましょう。

そして、こまめに癌惣菜でうがいをすることが大切です

また、歯周病に罹患したまま放置すると様々な全身疾患に悪い影響ありますのでお口の中の定期的な健診を受ける様にしましょう。

 

インフルエンザと歯周病

2018年1月16日 火曜日

こんにちは。

笛吹市一宮町の歯医者 小泉歯科です。

寒くなり空気の乾燥しがちなこの時期はいつも風邪やインフルエンザが流行りますが、口の中にある歯周病菌の一つが、その人のインフルエンザウイルス感染を助長している可能性があるとの研究結果が以前に報告されました。口の中の細菌には、タミフルなどの抗ウイルス薬を効きにくくしたり、ウイルスの増殖を助けたりするものもあり、インフルエンザ対策での口のケアの重要性がますます注目されています。 

外出される時はマスクの着用をし、帰宅したらうがいをすることをお勧めします。

また、歯の周りに磨き残しが多く、歯周病菌がお口の中に蔓延してるとインフルエンザウィルスが繁殖しやすい環境になりやすいので、日頃から丁寧な歯磨きを心がけることをお勧めします。

 

 

膿栓とは?

2018年1月15日 月曜日

こんにちは。

笛吹市一宮町の歯医者 小泉歯科です。

歯磨きをきちんとしていても自分の口臭が気になる方はいませんか?

それは膿栓(のうせん)別名、「臭い玉」が原因かもしれません。

口の中で膿栓が出来やすい場所は一般的には喉の左右両側にある扁桃線(へんとうせん)の場所です。膿栓(臭い玉)は、扁桃(へんとう)の穴に粘液(免疫)と細菌の死がいが集まってできた米粒大の固まりです。ですから、膿栓が出来ると、喉がイガイガしたり、喉から鼻に抜ける口臭を感じるようになります。

だから、一刻も早く膿栓(臭い玉)を取りたいと思うでしょう。しかし、膿栓を取っただけでは口臭が消えないだけではなく、膿栓をできなくするという根本的な問題は解決できません。

風邪をひいた時やインフルエンザに罹患した時に喉が腫れて痛むことが多い人は口呼吸のために口の中が乾燥していることが多いので、普段から鼻呼吸をすることを心がけてみてください。

症状によっては耳鼻咽喉科または口腔外科の診察が必要な場合がありますので、気になる方はお気軽に当歯科医院までご相談ください。

歯の神様

2018年1月13日 土曜日

こんにちは。

笛吹市一宮町の歯医者 小泉歯科です。

歯の神様」ってご存知ですか?

「歯の神様」の信仰が始まったのは、江戸時代中期から後期頃と言われています。当時は、殿様・武将・豪商など、一部権力者たちのお抱えの「口中医」という療術者がいましたが、一般庶民には無縁の存在でした。そのような世相にあって、庶民は歯痛などの悩みにどのように対処したのでしょうか。苦しい時の「神頼み」「まじない」などが唯一の手段であり、これに頼らざるを得なかったのです。

 歯の痛み・悩みを癒す目的で祈願などをする神社・仏閣・石像などの数は、全国で約300ヶ所くらい存在すると推察されますが、地方(城下町や山間へき地)によって祈願や報謝の方法などが異なっていることは興味深いものがあります。

しかし、現在は歯科医院が多くあるので歯の痛みがあっても神頼みすることはなくなりました。

だからといってお口の中に気になることがある時は放置せずお気軽に当歯科医院までご相談ください。

また、普段からお口の中の定期検診を受けることで歯の痛みを感じなくてよい美味しい生活が送れる健康づくりを

お勧めします。

初詣

2018年1月12日 金曜日

こんにちは。

笛吹市一宮町の歯医者 小泉歯科です。

年が明け平成30年になり11日が経ちましたが皆さんは初詣に行かれましたか?

当歯科医院の近くにある甲斐一宮浅間神社には全国の神社でも珍しい十二支像が祀られているので干支参りが出来ることを御存知でしたか?

まだ初詣が済んででない方は自分の干支と今年の干支にお詣りするのもいいかもしれませんね。

お正月にお餅を食べて被せ物がとれてしまったままでしたら、痛みが無くても早めに治療することをお勧めします。また、お口の中のことで気になることがあればお気軽に当歯科医院までご相談。

新年にお口の健康習慣を見直そう2

2018年1月10日 水曜日

こんにちは。

笛吹市一宮町の歯医者 小泉歯科です。

歯周病の早期発見には、日頃から歯茎の健康チェックが重要です。今回は歯周病の兆候を簡単に見つけられるポイントを照会します。

歯と歯の間の歯肉に注目してください。

健康な歯茎では、歯肉は尖った三角形をしています。歯肉の先端が丸くなっていたら歯肉炎の疑いがあります。

歯茎の色のチェック。

薄いピンク色が正常な歯肉の色です。いつもより赤くなっていたら炎症を起こしている可能性があります。

歯磨きをすると出血しやすいのは要注意

歯磨きをして出血するのは歯茎が炎症を起こして腫れてることが原因です。歯磨きするたびに出血するようなら、早めに歯科医院を受診することをお勧めします。

 

 

新年にお口の健康習慣を見直そう

2018年1月9日 火曜日

こんにちは。

笛吹市一宮町の歯医者 小泉歯科です.

歯周病はとてもやっかいな病気です。歯を支える歯茎や歯の周りの骨歯周病菌によって壊される病気なので、歯が丈夫で虫歯になりにくい人でも歯周病に罹患するリスクはなくなりません。歯周病が進行すると虫歯でもなく歯が健康であっても歯が抜けてしまいます。

歯周病は悪い生活習慣によって、口内に歯周病菌が増殖することが原因です。間食、不規則な時間に摂る食事、、睡眠不足や疲労の蓄積なども口内環境を悪化させます。

初期の歯周病にはほとんど自覚症状がないので、正しい歯磨きとともに、日々の生活習慣の見直しが大切です。

犬歯

2018年1月6日 土曜日

こんにちは。

笛吹市一宮町の歯医者 小泉歯科です。

今年の干支は戌ですが、歯には犬歯とよばれる歯があることを御存知ですか?

  

前歯から数えて3番目の尖った歯で、呼び方によっては「糸切り歯」とも言われます。

上下顎それぞれに一対(計四本)あり、肉食獣の場合は食物を捕らえ、切り裂くための歯です。ヒトの場合、前歯部を構成する歯の一つですが、日本人は外側を向いて生えてくると「八重歯」といわれ可愛いとされますが、欧米では「ドラキュラの歯」と称されており早めに歯列矯正することが多いです。

犬歯でいうなれば牙であり、ヒトの歯の中では、上の犬歯は最も長い歯根を有し頑丈な歯です。

どの歯も大切ですが、犬歯は顎の動きをアプローチする為に非常に重要な歯ですから大切にしてください。

あけましておめでとうございます

2018年1月5日 金曜日

こんにちは。

笛吹市一宮町の歯医者 小泉歯科です。

あけましておめでとうございます。

 

お口の中のことで気になることがあればお気軽に当歯科医院までご相談ください。

患者様が末永く自分の歯でおいしい生活がおくれるように手助けさせていただきたいと考えておりますので

本年もよろしくお願いします。

診療納め

2017年12月28日 木曜日

こんにちは。

笛吹市一宮町の歯医者 小泉歯科医院です。

平成29年も今日を含めて残すところあと4日。当歯科医院も、

本日で年内の診療納めとなります。

今年も当歯科医院をご愛玩くださりありがとうございました。

年末年始に美味しいものたくさん食べたあとの歯磨きをお忘れなく!!

3歯磨き

今後も、患者さん皆さんが健康的でおいしい生活が送れる手助けが出来ますように努力していきますので、

お口の中のことで何かお困りのことがありましたら、お気軽に当歯科医院までご相談ください。

年始は2017年1月5日(金曜日)朝9時より診察させていただきます。

↑PageTop