お知らせ
ホワイトニング
審美歯科(差し歯、詰め物)
入れ歯治療
予防歯科
歯周病治療
ホワイトニング
審美歯科(差し歯、詰め物)
入れ歯治療
予防歯科
歯周病治療

バランス

2019年1月19日 土曜日

こんにちは。

笛吹市一宮町の歯医者 小泉歯科です。

身体にどこか違和感や痛みがあればそこをかばうような生活になり、やがて、ストレスを感じ始め身体のバランスが崩れ始めます。

お口の中も同様で、歯に違和感や痛みを感じたまま生活していると噛み合せのバランスを怖しやがては口が開き難くなったり、偏頭痛や肩こりを発症したりするようになる人が多いです。

虫歯は進行すると自然治癒することはありません。歯に違和感や痛みを感じたら放置せず早めに歯科を受診し治療を受けましょう。

              

118(いい歯)の日

2019年1月18日 金曜日

こんにちは。

笛吹市一宮町の歯医者 小泉歯科です。

今日は1月18日 今年最初の「いい歯の日」です。

歯を大切にして美味しい生活が長く送れるように日々歯磨きを行い口腔ケアに心がけてる人も多いと思いますが、気になるところがなくても定期的にお口の中の状況を歯医者で確認してもらい、小さな虫歯があれば早期に治療してもらいましょう。

1月18日 11月8日 はいい歯の日

4月18日 は良い歯の日

6月4日 はむし歯予防デー

 

 

くいしばり2

2019年1月16日 水曜日

こんにちは。

笛吹市一宮町の歯医者 小泉歯科です。

現代社会において、多くの人が1日の中でスマホやPC(パソコン)をみる機会は非常に多いと思いますが、「噛み続け癖」などと呼ばれるこ癖を御存知ですか?

歯列接触癖(TCH)とよばれ食べていない時に、不必要に上下の歯を接触させ続けてしまうというもの。歯ぎしりや歯をくいしばる癖とは違い、意識せずに上下の歯が触れている状態のことです。

健康な方は、通常、上下の歯列間に1~3㎜(前歯部)の隙間があり、上下の歯が接触するのは会話や食事の時など、平均で1日20分以下といわれています。
一方、上下の歯列間の隙間が失われ、上下の歯の接触時間が長くなってしまうのが歯列接触癖を持つ方の特徴です。

TCHの原因として考えられるのは、パソコンやスマホの操作に集中しすぎることや少し俯いた状態での操作、また、ストレスなど緊張して歯の接触する機会が増えるため。

上下の歯を接触させ続ける習慣がついてしまうと、顎関節に力が長時間かかり、お口の筋肉が緊張状態になり疲労してしまいます。顎関節症の発症や悪化を招く可能性があり、さらに、噛みあわせの違和感や歯の痛み、しみることにつながる懸念もありますから、放ってはおけません。

食事をしていないのに気が付いたら顎が疲れてるなんて症状がある人は早めに歯科を受診することをお勧めします。

くいしばり

2019年1月15日 火曜日

こんにちは。

笛吹市一宮町の歯医者 小泉歯科です。

人は瞬間的に強い力を出す時に歯と歯を喰いしばります。すると、より強い力を発揮することができます。

昨年夏、甲子園を沸かせた秋田金足農高の吉田輝星投手はマウンド上で白いマウスガードをして投げているのが印象的でしたが、今年からプロ野球選手になっても

「マウスピースはつけると思います。他の人よりも力を入れるときに踏ん張るタイプ。すぐ歯が欠けることがあった。歯を大事にしたいです」

と最近のインタビューでも語っています。

近頃の若いスポーツ選手はとても歯を大切にします。これは「スポーツ歯学」というい分野が大きく注目されてきたからだと思います。

以前から日本では「マウスピース」という和製英語でしられていましたが(本来はマウスガード)、殆どはボクシングやアメリカンフットボールなどのコンタクトスポーツでルール上必要とされ、競技中に装着することが義務付けられていましたが、今では様々なスポーツ選手が練習中から装着しているだけではなく、一般生活の中で、ストレス性にくいしばる人にも装着されてることでくいしばることで起こる歯の破損、摩耗防止にも用いられています。

自分の歯が最近減ってきたり欠けてると気になる人は気軽に当歯科医院までご相談ください。

むし歯2

2019年1月12日 土曜日

こんにちは。

笛吹市一宮町の歯医者 小泉歯科です。

歯に汚れがついたまま放置しているとむし歯菌が繁殖して沢山のネバネバした酸を産生し、硬い歯の表面を溶かしてしまいます。

硬い歯の表面を溶かした酸は歯の内面に侵入するとやがて歯の神経(歯髄)に達し強い痛みを感じるようになります。

この様な状態にまでむし歯が進行すると歯髄を除去し、歯根内を治療後に歯根内を充填後に歯に冠を被せることになります。

虫歯の進行が歯髄へ達し歯髄が化膿すると歯根の先に膿の袋を作る場合があります。

この様な状態になると歯根内をきれいに洗浄し、細菌を除去後に根幹内を充填し、歯に冠を被せて噛み合せの回復を行います。

虫歯の進行を放置したままにするとやがては、歯冠が崩壊し、歯根ももろくなり、保存が難しくなると抜歯しなければならなくなります。

歯に違和感を感じたら放置せず、早めに歯科を受診しましょう。

むし歯

2019年1月11日 金曜日

こんにちは。

笛吹市一宮町の歯医者 小泉歯科です。

歯に汚れがついたまま放置しているとむし歯菌が繁殖して沢山のネバネバした酸を産生し、硬い歯の表面を溶かしてしまいます。

このくらいの虫歯だとまだ痛みを感じることはほとんどありませんが、虫歯がこれ以上進行する前に虫歯部分を除去し、金属で覆うか白いレジンで充填する治療が必要です。

虫歯の進行が歯の内部へ進み、歯の神経まで近づくと歯が凍みたり、物を噛んだ時に痛みが生じるようになります。

神経までむし歯が達し神経を刺激しだす前に虫歯を取り除き歯の神経が刺激されない様に、歯を冠で歯を覆う治療が必要になります。

虫歯は自分でも気がつかないうちに進行してることが多いので、日頃から丁寧な歯磨きを行うようにすることとお口の中の定期検診をまめに受けるようにしましょう。

 

歯磨きと生活習慣の改善で虫歯予防2

2019年1月9日 水曜日

こんにちは。

笛吹市一宮町の歯医者 小泉歯科です。

虫歯にならないためには、虫歯菌をプラークごと除去する必要があります。また、虫歯菌を口の中で増やさない生活習慣も重要です。

虫歯菌、歯周病菌の巣であるプラークを確実に除去する

歯にくっついたプラークは、丁寧に歯ブラシで歯磨きをして取り除きましょう。食後、虫歯菌が党を分解して酸を出し始める前に磨くのが効果的です。また、寝る前は特に丁寧に磨きましょう。

虫歯菌が済み難い生活習慣

糖分の摂りすぎや、寝る前のジュースなど甘い飲み物のだらだらのみは虫歯菌が増えやすい環境をつくります。生活習慣を改めて、虫歯を撃退しましょう。

 

歯磨きと生活習慣の改善でむし歯予防

2019年1月8日 火曜日

こんにちは

笛吹市一宮町の歯医者 小泉歯科です。

いつの間にか出来ているむし歯。その原因は口の中に住んで居る虫歯菌(ミュータンス菌)です。虫歯菌は食べ物の中のの糖分を分解して酸を作り、その酸によって歯を溶かします。歯の表面はとても硬いエナメル質で覆われていますが、長い間酸に触れていると溶けて穴があいてしまいのです。虫歯菌はネバネバした物質を出して歯垢(プラーク)を作り、歯にくっついて増殖します。今年1年。虫歯で痛い思いをしないためにも、むし歯が出来るしくみを正しく理解し、歯と歯の間まで丁寧な歯磨きをすることで、日々の予防に努めましょう。

 

義歯

2019年1月7日 月曜日

こんにちは。

笛吹市一宮町の歯医者 小泉歯科です。

入れ歯は長年、調整せずに使っていると、硬いものを強く噛んだりすると破損することがあります。

これは材質の劣化と口腔内の環境変化のよって起こることが殆どです。

具合よく使えているから大丈夫なのではなく、より長く具合良く使い続けてもらうためにも、入れ歯の定期検診をしましょう。

また、壊れたまま使い続けていると歯肉を傷つけたり顎関節に変調を発症する原因になるので、入れ歯が壊れたら早めに歯科を受診しましょう。

噛み合せ

2019年1月5日 土曜日

こんにちは。

笛吹市一宮町の歯医者 小泉歯科です。

人間の歯は親知らずを含めると全部で上下16対32本あります。でもどこかに痛みを発症する歯があるとその歯で噛まない様にするために反対側の歯で噛むようになります。この状態で治療をせずに放置すると歯を失うことになります。歯に痛みや違和感を感じたら放置せず、早めに歯科を受診する様にしましょう。

↑PageTop