お知らせ
ホワイトニング
審美歯科(差し歯、詰め物)
入れ歯治療
予防歯科
歯周病治療
ホワイトニング
審美歯科(差し歯、詰め物)
入れ歯治療
予防歯科
歯周病治療

お口の健康

2018年9月25日 火曜日

こんにちは。

笛吹市一宮町の歯医者 小泉歯科です。

口は全身の一部ですので、仮に全身の健康状態がすぐれないときに、口腔機能だけは良好だといったことは考えにくいと思います。全身機能が低下すれば、口腔機能も低下していくことでしょう。反対に全身機能が向上すれば、口腔機能も向上するのではないでしょうか。全身があっての口の健康です。その点、口腔の状態は、全身の健康状態を反映していることにもなります。「口は健康の窓」と言われる所以です。

楽しくお話をして、笑顔を浮かべられるお食事ができたら最高の贅沢であり、すなわちそれが「健康の源」であると思います。

全身疾患と歯周病2

2018年9月22日 土曜日

こんにちは。

笛吹市一宮町の歯医者 小泉歯科です。

現代は高齢化社会です。先日、敬老の日に「60歳以上の人が日本国民の20%以上になった」と発表されました。

病気など全くなく健康で生活を送られている高齢者は当然少なく、皆さん、何かしら病院通いをされているかと思います。

歯周病という病気は日本人の40歳以上の約8割がこの病気に罹っているといわれていますが完全な完治が難しく、日々の生活習慣がこの病気になる危険性を高めることから、現在では生活習慣病のひとつに数えられています。そして、歯周病に慢性的に罹っていると、様々な全身の病気に罹る危険性を高めることが知られています。歯周病を治療せず慢性的に患ったまま放置していると心臓血管疾患、脳卒中(脳梗塞)、糖尿病の悪化、低体重児出産などを引き起こす危険性を高めることが研究で分かってきました。また、唾液の中に混じった歯周病原性細菌を含む細菌が誤って気道から気管支、肺の方に入ると、気管支炎、肺炎(誤嚥性肺炎)の原因ともなります。さらに歯周病は肥満やメタボリックシンドロームとの関連も言われるようになっています。

よって歯周病の予防や治療は、全身の様々な病気の予防や治療に役立つことにもなり、健康な生活を送るためにとても大切なことです。歯肉の違和感や歯磨き後に歯肉から度々出血がみられる時は放置せずに早めに歯科を受診することをお勧めします。

 

全身管理と歯周病

2018年9月21日 金曜日

こんにちは。

笛吹市一宮町の歯医者 小泉歯科です。

近年、医療の進歩により臓器の補助装置や人工関節などがひと昔前に比べてとても容易に装着できる様になりましたが、これらの様な装置には残念ながら免疫力はありません。ですから、たいへんな思いで受けた大きな治療を台無しにしない様に術前から予防的処置を行う必要があります。

歯周病菌は血液中に入ると全身の様々な箇所に炎症を発症する危険があります。ですから心臓の人工弁置換術や人工関節置換術などを受けることになると事前に歯周病治療を行い炎症が発症しそうな歯を抜歯しておく必要があります。

大きな手術を受ける前に歯を抜くことは重ねてショックなことですからその様なことにならないためにも定期的に歯科を受診しお口の中の定期検診することで健康を保つ努力をすることをお勧めします。

誤嚥性肺炎

2018年9月20日 木曜日

こんにちは。

笛吹市一宮町の歯医者 小泉歯科です。

みなさんは誤嚥性(ごえんせい)肺炎という言葉を知ってますか?

広義によると物を飲み込む働きを嚥下機能、口から食道へ入るべきものが気管に入ってしまうことを誤嚥と言います。誤嚥性肺炎は、嚥下機能障害のため唾液や食べ物、あるいは胃液などと一緒に細菌を気道に誤って吸引することにより発症します。吐物を大量に吸引した場合には胃酸による化学性肺炎を起こすことがあり、メンデルソン症候群と呼ばれます。

お口の中の詰め物が外れて誤嚥することもありますし、報告によると小さな入れ歯が外れて飲み込んでしまい誤嚥性肺炎を発症した例もあるそうです。食べ物や飲み物を飲み込んだ後咳が止まらなくなったり何かが喉に詰まっている様な感じが続く時は早めに呼吸器内科を受診する様にしましょう。

          

入れ歯

2018年9月19日 水曜日

こんにちは。

笛吹市一宮町の歯医者 小泉歯科です。

今回は、毎日使っている入れ歯のお手入れについて説明します。

残念ながら歯を何本も失うと入れ歯を装着しないと食事が摂り難くなるだけではなくしゃべりにくくもなりますし噛み合せが安定しないと顎関節に支障が出たり、肩こり、腰痛、偏頭痛など身体のバランスを崩すことの原因にもなります。

入れ歯は1日中お口の中に装着してることが多いですから唾液の臭いやぬめりが義歯に付着し口臭の原因になることがあるので食事後以外にもマメに水洗いするだけでもそれらを改善することができます。また、気がつき難い小さな入れ歯の破損も見つける機会が増えるので入れ歯をこまめに綺麗にして使ってもらうことをお勧めします。

また、入れ歯が合わないなぁとか擦れて痛む時は早めに歯科を受診し調整してもらいましょう。

歯並び

2018年9月18日 火曜日

こんにちは。

笛吹市一宮町の歯医者 小泉歯科です。

綺麗な白い歯ときちんと生え揃った歯は憧れますよね。

乳歯が生え揃い始めると、食生活も徐々に大人と同じような硬さの物を食す様になり、身体の成長とともに顎や顔の骨の成長も進み脳の発達へも繋がります。

現代の食物は先進国ほど柔らかくなり、しっかり噛まないでも飲み込めるものが増えているために顎の成長が乏しくなり、永久歯が綺麗に生え揃わないために上下の歯がきちんと噛めないなんてことも起こり加地です。

また、歯並びが乱れていると、歯磨きの際に磨き残し箇所が増えてしまい、むし歯が発症しやすいだけではなく、歯肉炎にもなりやすくなり、やがては歯周病へと発展することになります。

保護者の方がお子さんの歯の仕上げ磨きをする時に歯並びをチェックしてあげることも大切ですが、食事の時に食物を左右の奥歯で万遍無くよく噛んで食べる様に教えてあげてください。

犬や猫の歯

2018年9月15日 土曜日

こんにちは。

笛吹市一宮町の歯医者 小泉歯科です。

近頃は家庭でペットを飼う人が増えましたが、犬や猫の歯の数が人間とは異なることを御存知ですか?

犬はもともと肉食なので,異形歯性の歯の特徴がよくでています。上あごは切歯3,犬歯1,前臼歯4,後臼歯2,下あごは切歯3,犬歯1,前臼歯4,後臼歯3で,左右あわせると合計42本の歯をもっています。犬は歯周病にはなりやすいそうですので人と同じようにケアが必要です。

猫は肉食動物だけど,犬よりも歯が少なくて,上あごは切歯3,犬歯1,前臼歯3,後臼歯1,下あごは切歯3,犬歯1,前臼歯2,後臼歯1,合計30本です。

人間と異なり動物は歯を失うと死んでしまいますから、現代人と似たような食生活を送っているぺットも獣医さんによる定期的な口腔ケアが必要です。

           

親知らず

2018年9月14日 金曜日

こんにちは。

笛吹市一宮町の歯医者 小泉歯科です。

高校を卒業する頃になると奥歯の後方に生えてくる大きな臼歯を親知らずといいます。

現代人は食物が柔らかく加工されていて顎の成長が小さく、先進国の人ほど顎の成長が小顎化しているために親知らずがきちんと生えるスペースがないために骨の中で横向きに親知らずが成長する人が最も多く、中には存在しない人もいます。

親知らずが骨の中で成長し生えてくる頃に手前の奥歯を刺激したり歯肉が盛り上がって腫れたりして痛みを発することがありますので状態によっては抜歯が必要になることがありますが、親知らずの成長が終わるとその症状がなくなると気にならなくなるので放置する人がほとんどですが、歯ブラシの届き難い奥歯ですから虫歯になる確率は大きいです。

親知らずの抜歯後は腫れて痛いよ~と驚かされると怖くなりますが長い事痛みを我慢していると手前の臼歯にも影響が出てしまいますので、親知らずが痛む時は早めに歯科を受診することをお勧めします。

 

 

定期検診

2018年9月11日 火曜日

こんにちは。

笛吹市一宮町の歯医者 小泉歯科です。

歯を1本でも失いたくないと思ってる人がほとんどだと思いますが、それには、日頃から毎日、丁寧な口腔内ケアが重要です。

歯がむし歯にならないように、歯の周りの歯肉が腫れて歯周病を発症しないよう、お口の中をいつも清潔に保つことが大切です。

歯は上下対合する相手があって初めて噛めるわけですが、その歯を失ってしまうと食べ物を咀嚼する力は一気に落ちてしまいます。きちんと咀嚼出来ていない食物を飲み込んでしまうと胃では十分に分解することが出来ずそのまま腸へ運ばれてしまうと食物の栄養がきちんと吸収され難くなります。

大切な歯を守り、末永く美味しい生活が送れるようにしていただくためにお口の中の定期検診をお勧めします。

噛み合せ

2018年9月10日 月曜日

こんにちは。

笛吹市一宮町の歯医者 小泉歯科です。

先週は大きな自然災害が各地に起こり少し暗いニュースが続きましたが、昨日は、大坂なおみ選手がテニスの世界4大大会のひとつ全米女子オープンを日本人で初めて制するという偉業が伝えられました。

人間に限らず動物は力を発揮する瞬間に凄い力で喰いしばりますが、上下の歯がきちんと噛み合ってないとその力が出せず半減してしまいます。

その点、大坂選手は素敵な白い歯と噛み合せをしてますね。

歯並びが整わず噛み合せが良くないと、身体のバランスが悪くなり偏頭痛や肩こり、腰痛などの様々な症状の原因になりますし、身体や脳の成育にも影響します。

お子さんの歯が生え歯並びが気になる時は、早めに歯科医院を受診し然るべき処置を受けることをお勧めします。

         

 

 

↑PageTop