お知らせ
ホワイトニング
審美歯科(差し歯、詰め物)
入れ歯治療
予防歯科
歯周病治療
ホワイトニング
審美歯科(差し歯、詰め物)
入れ歯治療
予防歯科
歯周病治療

あけましておめでとうございます

2019年1月4日 金曜日

あけましておめでとうございます。

笛吹市一宮町の歯医者 小泉歯科です。

2019年も明け、いよいよ平成最後の年です。

本年も、小泉歯科医院は患者さんの希望に合った治療を心がけていきますので宜しくお願いします。

尚、本日より通常診療を行っておりますので、何かあれば診療室へ連絡をしてご来院ください。

 

本年もありがとうございました

2018年12月27日 木曜日

こんにちは。

笛吹市一宮町の歯医者 小泉歯科です。

平成30年の診療は本日午前中までとなります。

新年は1月4日朝9時より診療を始めますので宜しくお願いします。

口の中のがん

2018年12月26日 水曜日

こんにちは。

笛吹市一宮町の歯医者 小泉歯科です。

口の中にも「がん」ができるのをご存知ですか?しかし、定期的に口の中をチェックすれば、口腔がんは比較的簡単に発見できて、早期治療につながります。

口腔がんの発生に係る要因は数多くありますが、代表的なものは喫煙と飲酒です。これまでの研究では、喫煙者の口腔がんの死亡率は、非喫煙者の約4倍とされ、重度の飲酒もハイリスク因子と考えられています。他にも不潔な口腔衛生状態、適合の悪い入れ歯、歯の鋭縁、ヒトパピローマウイルス(HPV)感染なども原因とされています。

口腔がんのできやすい場所は舌・歯ぐき・頬の粘膜ですが、中高年齢の方は、定期的な口腔内検診をを強くお勧めします。特に、喫煙や飲酒等の習慣がある方は、怪しいと思ったら直ぐに、かかりつけ歯科医や総合病院の歯科口腔外科を受診して下さい。

セルフチェック表

毎月1回、口の中をセルフチェックしましょう!

手順1:明るい光の下で、鏡を使って(入れ歯があれば外して下さい)。

 *唇の内側と下あごの歯ぐきを見て、触って下さい。
 *頭を後ろに傾けて、上あごの歯ぐきとその間を見て、触って下さい。
 *頬の(裏側)の粘膜を見て、触って下さい。
 *舌を前に出して、舌の両脇、舌と歯ぐきの間を良く見て、触って下さい。
 *下あごから首にかけて触って見て下さい。

手順2:良く観察し、チェックしましょう!(口腔がんの実例を写真で示します。)

 *白い斑点や赤い斑点はありませんか?
 *治りにくい口内炎や、出血しやすい傷はありませんか。
 *盛り上がったできものや固くなった所はありませんか?
 *顎の下と首の脇に腫れはありませんか?
 *食べたり飲みこんだりがスムーズにできますか?

入れ歯

2018年12月25日 火曜日

こんにちは。

笛吹市一宮町の歯医者 小泉歯科です。

歯を失って入れ歯を使っている人もいますが、部分入れ歯には維持装置が付いていますから、入れ歯の着脱方向は一定です。

入れ歯を噛んで入れたり外す時に強引な力で外したりすると入れ歯の変形、破損の原因になりますし、残存歯にも悪い影響が出ます。

入れ歯は指できちんとお口の中に装着してから噛むようにし、外す時はやさしく丁寧に外すようにしましょう。

天皇誕生日

2018年12月22日 土曜日

こんにちは。

笛吹市一宮町の歯医者 小泉歯科です。

今週末は、平成天皇が平成の時代に迎える最後の85歳の誕生日です。

お正月の一般参賀同様に、12月23日の天皇誕生日は皇居では1日3回の一般参賀が行われるそうです。

今年はモニター数も増やして後方からも見やすくしたそうですが、午後から都内の天気は下り坂みたいですから、お出かけされる方は雨具を用意し暖かくしておでかけください。

 

歯の色

2018年12月21日 金曜日

こんにちは。

笛吹市一宮町の歯医者 小泉歯科です。

数十年前にTVのCMで「芸能人は歯が命」というのがありました。あのCM以来、一般の人も白くてきれいな歯に憧れる人が増えて今では歯のエステなんてものまで行う店までありますが、肌の色が人それぞれ微妙に違うように、天然の永久歯も人それぞれ色が違います。これは、歯の表面を覆うエナメル質の透明度や厚さ、または、エナメル質の内側にある象牙質の色も関係してきます。

歯の表面には無数の溝があり、飲食物などの色素が入り込んで着色が濃くなってくると年齢とともに黄ばんできたように見えますが、日々の生活の中で飲食後に水でお口の中のをゆすぎ色素を残さない様に努め、定期的にお口の中のクリーニングをし定期検診を行うこと改善出来ます。

口臭

2018年12月19日 水曜日

こんにちは。

笛吹市一宮町の歯医者 小泉歯科です。

あなたは、自分の口臭が気になりますか?

先日、報じられたNewsにこんなのがありました。

北九州市立大と九州歯科大(北九州市)の研究グループは10日、唾液に含まれるにおい成分から口腔(こうくう)がんを診断する技術を世界で初めて確立したと発表した。簡易で早期発見が可能な診断方法として期待され、臨床試験を経て、医療現場での実用化を目指す。」

 研究では、唾液のにおいのもととなる12種類の揮発性有機化合物が(1)口腔がん患者から検出できる成分(2)健康な人から検出できる成分(3)両方から検出できるが検出量に大きな差がある成分-の3群に分かれることを特定。患者12人と健康な人8人の唾液を分析したところ、ともに9割以上の確率で判別できた。

 唾液の採取は体への負担が少なく、時間もかからないため、スクリーニングに効果的という。将来的には、息を吹きかけるだけでがんの診断ができる計測機器の開発も可能となる。

初期症状が出にくい舌がんなどの口腔がんは早期発見が難しく、転移しやすい。5年以上の生存率は50%以下とされ、国内の患者は増え続け、2016年は7675人が死亡したことが報告されています。

欧米諸国に比べキスの習慣のない日本人は口臭を気にしない人が多いと言われていますが口臭はむし歯や歯周病以外の病気の原因かもしれません。

口臭が強くなるのは眠りから目が覚めた時が特に強いとされていますので、起床時の自分の口臭チェックしてみてはいかがでしょうか?

        

味覚2

2018年12月18日 火曜日

こんにちは。

笛吹市一宮町の歯医者 小泉歯科です。

味覚には「甘味」、「酸味」、「塩味」、「苦味」の4基本味覚をはじめとする様々な味覚があります。この味覚を伝達するのが味蕾という舌や上顎後方部(軟口蓋)粘膜にある味覚受容器です。

味蕾は舌では表面の乳頭中に、軟口蓋・咽頭では粘膜直下に存在します。舌乳頭が何らかの原因で萎縮・減少すると味蕾の数も減少し、味覚が減退することとなります。

味覚の異常は大きく2つに分けられます。

  1. 味覚低下(無味覚)
    味覚の減退です。ある特定の味がわからなくなることもありますが、ほとんどは4つの味覚とも低下します。
  2. 異味覚
    異常な味がすること。また常時「渋味」が感じられたり、口腔に異常な味を覚える。 

味覚の低下は原因が様々ですが、強いストレスが原因で唾液の分泌が低下し口腔内の乾燥が原因の場合もありますので、味覚の異常を感じたら早めに口腔外科を受診する様にしましょう。

味覚

2018年12月17日 月曜日

こんにちは・

笛吹市一宮町の歯医者 小泉歯科です。

おいしい食べ物を楽しんで食べることは、人生の大きな楽しみの一つです。そのために味覚は大切な役割を果たしています。味覚が感じられないと、食べることも、飲み込むことも不快に感じ、また腐った食べ物や毒をもつ食べ物の味がわからないと、生命にとっても危険です。
近頃、自分の味覚がおかしいと感じたら一度口腔外科を受診してみてください。

味覚の働きとしては次のようなものがあります。

  1. 食べ物の味を感じ、食欲を刺激する。
  2. 食べ物の味を弁別し、危険なものを食べないようにする。
  3. 唾液を分泌させる。
  4. 消化液の分泌を促し、消化を促進する。
  5. 生体に必要な成分を含んだ食べ物を選択して摂取することを助ける。  

味覚には「甘味」、「酸味」、「塩味」、「苦味」の4基本味覚をはじめとする様々な味覚があります。この味覚を伝達するのが味蕾という味覚受容器です。
味蕾は舌では表面の乳頭中に、軟口蓋・咽頭では粘膜直下に存在します。舌乳頭が何らかの原因で萎縮・減少すると味蕾の数も減少し、味覚が減退することとなります。

口の中がヒリヒリする2

2018年12月15日 土曜日

こんにちは。

笛吹市一宮町の歯医者 小泉歯科です。

口腔内の粘膜に水泡ができヒリヒリする様な症状が特徴的な帯状疱疹(たいじょうほうしん)という病気を御存知ですか?

子供の時になった水痘のヘルペスウイルス(水痘帯状疱疹ウイルス)が、神経内の付け根に残っていて、体調が悪いとそれが活性化されて発症します。神経の支配する領域に一致して、発疹が多発します。三叉神経(さんさしんけい)領域の顔面皮膚に好発します。広い範囲に帯状に発赤と小水疱(すいほう:水ぶくれ)がでます。必ず体の右または左側だけブロック状に発生し、全身に拡がることはありません。強い痛みを伴い、重症化する場合もありますので注意が必要です。

治療方法は、重症の場合は入院が必要となり、全身的な管理とともに、食事が困難な場合には、点滴やチューブで栄養を補給する必要があります。抗ウイルス薬、消炎鎮痛薬のほか、二次感染の予防として抗菌薬の投与を行います。局所的にはうがい薬やトローチで口腔内を清潔にします。

帯状疱疹後には神経痛がのこることがあり、消炎鎮痛薬で奏効しない痛みに対しては、神経ブロック療法が必要になる場合もあります。

↑PageTop